癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

私たちは未来に進んでいるのではなく、実は過去に遡っている

先日の記事『私の常識とノンモさんの常識』に書いた、
私が一般常識だと思い込んでいた、
仏教の基礎中の基礎『功徳(くどく)を積む』ですが、

それは、自宅の裏のお寺の住職さんに教えてもらっていたと思っていたんですけど、
でも実際に教えてもらったお話の内容を全然思い出せないんです。

幼い時に母からいじめを受けていましたが、
毎晩お説教された記憶はあっても、その内容が全く思い出せませんし、
耳にタコができるほど、第二次世界大戦の話ばかりを繰り返す祖父の、
貴重な戦争体験談もさっぱり思い出せないんです。

なので、この私の過去の記憶は本当にあったことなんだろうか?
と思うようになって・・・。

例えばですね、今こうやってノンモさんと話している自分の記憶と、
先週ノンモさんに会っていた時の自分の記憶は違っていて、
でも巧妙に書き換えられているためにそう思い込んでいるから、
違いに気づかないだけってことはありませんか?

「実は、ポコプンに言われていたことがあったんですけど、
あまりにも説明が難しいのでスルーしようと思っていたんですよね(苦笑)
でも八多さんがその話を持ち出したので、
これは説明したほうが良いってことですよね・・・。
でも、全然うまく説明する自信ないんですけど・・・」
とノンモさんが言うには、

現在光と闇に分かれている地球ですが、
私たちは、未来にある光の世界に向かっていると思っていますが、

「実は光の地球は過去(古代)の世界なんだそうです」
と、ノンモさん。

環境が汚染され、生態系が破壊され、
物にあふれかえって、心を無くした人間が暮らす、
いわゆる闇の世界はすでに未来に存在していており、
私たちはその未来から、過去に向かって進んでいるのだそうです。

時計

前回の記事『ポールシフトが数年以内に起こるかもしれないそうです』で書いたように、

「もしも2020年に地磁気逆転のポールシフトがあって、
磁場が狂い、ネットが繋がらなくなったりするのは、
ネットのなかった過去の世界に戻るということかもしれません」
と、ノンモさん。

それは、光の過去からスタートした人類が、
未来に闇の世界を築いてしまったことを強く悔やんで、
二度と同じ過ちは繰り返さないと、
また光の過去に戻っているというわけでもなく、
最初に未来の闇の地球があったそうで、

でもそれは、2013年にポコプンが話していた、
メビウスの輪のように、
光の過去と未来の闇が繋がっているわけでもなく、

(記事→『ポコプンから上層部のアセンション計画へのコメントです』をご参照ください。
※余談ですが、今この記事を読み返すとまた違った視点から理解できることに驚いています。
『あなた方はこの「第5の世界の現在」を、実は何度も経験していることを覚えていない』
というポコプンの言葉と、今回や最近の記事がリンクするのかもしれません)


「過去」「現在」「未来」のある、
3次元的な一直線の時間軸で考えて良いそうです。

「ビッグバンが起こって、ポコプンたち神が生まれました。
そして長い長い時間が過ぎたある時、
創造神の意識がぐちゃぐちゃになったんだそうです。
そしてその時に、未来の闇の地球も生まれたんだそうです。
ポコプンたちがその地球を作って、創造神の意識を落ち着かせるために、
少しずつ過去にさかのぼっているらしいです」

じゃあ、過去にさかのぼり行きついた先は、
創造神の穏やかな意識のある世界であって、
それはまた、ワンネスでもあるんでしょうか。

「なので、古代神話や伝承は、過去にあったことではなくて、
実はこれから起きることなんだそうです」
と、ノンモさん。

このポコプンのメッセージを伝えてくださるノンモさんも大変でしたが、
私もきちんと説明するのは厳しい情報です。
でも、いつものポコプンのパターンとしては、
とりあえずこの情報に目を通していただいて、
頭の片隅に『そんな情報もあったよね~』
程度に残していただくだけで、今は良いんだと思います。

いつか、この情報がパズルの最後のピースになり、
見えなかった大きな絵が完成するのだと思います。

なんとなく気まぐれに「未来は過去にさかのぼっている」と、
ググってみたところ、量子力学が出てきました!
(( ◎□◎))ゝクラクラ~


時間は一方向のみに流れる…これは現代物理学の鉄板教義の1つであり、過去は未来に影響するが、その逆はないことを意味している。

 しかし、最新の実験では、量子レベルではこれが当てはまらないようであり、可能と不可能の境界が大きく揺らぐ成果が得られた。研究者が実証したのは、未来の出来事が過去の事象に影響を与えている可能性である。すなわち、時間は前以外にも、後ろにも流れているかもしれないということだ。


(カラパイア「未来は過去に影響を与えるか?まるで時間が遡っているかのような現象が確認される(オーストラリア研究)」より)


ノンモさん、そしてポコプン恐るべし!
どうやらポコプンのこの情報が証明されているようだけど・・・、
でも量子力学なんて、私には無理ですってば~

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 5 comments  0 trackback

5 Comments

みぃ says..."そうなんですね(ㆁ௰ㆁ)"
未来から過去へ進んでいるのか…

「縄文」や「江戸時代」の頃の生活に戻れば…とよく耳にします。
そこへ向かって意識や物理的な生活が向かって行くのでしょうかね。


2013年のポコプンからのコメント記事…
驚きました!!!
あの頃、読んだ時は全く意味が分からず(🌀〜🌀)でしたが…
今は、すんなり納得できる私がいました。
目に見えない変化が私の中にも起きているのだと思いました!
2017.01.30 11:47 | URL | #- [edit]
いわこ says..."すいません、、、"
正直チンプンカンプンです(>_<)
ただ、自分の頭の中では、単純に過去に遡って行くというか、バージョンアップした過去に螺旋形を描いて遡っていくとイメージを持っていますが…。これから起きるであろう古代神話も、もっとはっきりとした形でUFOやハイテク機器が現れたり。

ここ↓読むと、時間の流れについてはあと数年で解決できるとの情報もありますね。
http://world-fusigi.net/archives/7801576.html

こんな情報も有ったよね~と頭の片隅に入れつつ、とりあえずは2020年の変化を楽しみにしたいと思います♪
2017.01.30 12:06 | URL | #- [edit]
きく says..."時間の概念を超越した世界では、"
すでに過去の光の地球と未来の闇の地球があるのですね。
ゴールが明確で、神々はただ光の地球に向かうように作業を進めているだけのことなのかな。
妙に腑に落ちるのはなぜ? 不思議です。

記憶といえば、転居したり、生活が一変すると、情報の書き換え作業が起こるという感覚があります・・・。
2017.01.30 12:20 | URL | #- [edit]
もちもち says..."こんにちは!"
読んでいたらインナーチャイルドのお話にも過去、現在、未来のことが出ていたのをポコっと思い出しました。
以前書いて下さった記事です。↓
http://isearth.blog.fc2.com/blog-entry-463.html

難しいですが時間を掛けて理解して行きたいと思います( ・ω・ )ゞ

それにしても今日の記事は凄いです、衝撃的でした。
2017.01.30 12:54 | URL | #- [edit]
yuri says..."うれしくて"
八多さん、みなさん、こんにちは。

この記事を読んでから、数日経ちますが、過去の光の地球に帰れることが、嬉しくてうれしくてたまらない私がいるので、それを伝えたくコメントしました。

その思いは、どこからくるのか分かりませんが、心底嬉しいのです。

いつもいつもありがとうございます。

2017.02.02 15:58 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/658-e85c8cba
該当の記事は見つかりませんでした。