癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

最も大切なことは、私が私らしくありのままであること

全身を癌に侵され、臓器の機能停止による臨死体験後、
たった数週間(実際には数日間)で、
全身から癌が消え失せてしまうという、
医療界の常識を覆すミラクルを起こされた体験を綴る、

『喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと』
の著者、アニータ・ムアジャーニ さんが、
インタビューで語る言葉を聞いて、

ノンモさんが、
「臨死体験中にポコプンに会ってきたんでしょうね!」
と、言っていました。



私のスピリチュアルな実践は、臨死体験後大きく変わりました。これを話すとみなさん驚きます。なぜなら、私はかなり霊的に落ち着いてきているからです。

臨死体験前の私は、スピリチュアルに生きるためには一生懸命頑張らなくてはならないと信じ込んでいました。ですから、その頃は瞑想の時間も多くとり、精神世界の本もたくさん読んでいました。何がスピリチュアルで、何がスピリチュアルでないのかをかなり意識していたのです。ですから私は、スピリチュアルであろうとして、さまざまなことを試みていたのです。

しかし臨死体験以来、私たちはみなスピリチュアルなのだということがわかったのです。知っている知らない、好きとか嫌いに関わらず、誰もがみなスピリチュアルなのです。あなたが今生きていて、存在しているのなら、あなたはスピリチュアルなのです。

そして、最も大切なことは、私が私らしくありのままであることだとわかったのです。自分自身であること、自分の価値を認めること、自分自身を愛することの大切さです。私らしくありのままであることとスピリチュアルであることは、全く同じことなのだとわかったのです。

ですから、私が最近実践していることは、まず毎日、自分自身を抱きしめること。それから、毎日鏡に向かって、自分自身を卑下するようなことは決してしないこと、自分を見放すようなことはしないこと、自分を犠牲的な立場に置かないこと、自分を一番最後にしない、後回しにしないことを自分と約束しています。

これらのことを以前の私は自分に対してやっていたのです。自分がスピリチュアルであると思い、人に対していいことをしていると思い込んでいた時、私は自分が自分のことを見放しているなんて思ってもみなかったのです。私はいつも自分を一番後回しにしていたのです。

しかし私は、スピリチュアルであるということは、実は、自分自身を大切にすることなのだと気がついたのです。また、これらを実践しながら、霊性と私とが別々のものであると考えることもなくなりました。ですから、今ではもう、何かスピリチュアルなことをしなくてはとか、瞑想など、決まり事を何かしなくてはと考えることはなくなりました。ただすべてを流れにまかせています。瞑想をしたくなったら瞑想をし、自然に触れたくなったら自然に触れています。すべてリラックスした状態でやっています。

私はただただ、自分自身であること、自分を出来るだけ大切にしてあげること、それだけをしています。






2015年以降、プチ悟り経験とは無縁になってきていて、
ちょっと自分、瞑想も読書もしないから、だらけてきてるんじゃないの?
って心配になってたんですが、
アニータさんの言葉を読んで一安心です(笑)

私も以前のように、がむしゃらにスピリチュアル本を読み漁ったり、
毎日必ずしていた瞑想をしなくなりました。
アニータさんが言うように、スピリチュアル本を読みたくなったら読み、
瞑想をしたくなったらするといった風に変化しています。
この変化は、プチ悟り後からのように感じます。
(→記事『悟りのしっぽ』をご参照ください)

スピリチュアル初心者だった頃は毎日の数分間の瞑想が、
とても効果的だったと感じますが、
現在は、毎日毎分毎秒が瞑想状態になっているので、
わざわざ座る必要性を感じなくなっているのかもしれません。

(→私の毎日の瞑想については、記事『正しく話す』と、『まずはできる事から その2』をご参照ください)

自分自身であること、自分の価値を認めること、
自分自身を愛すること、そして、ただすべてを流れにまかせて、
やりたいことを心のままにやってみること。


まずは、これができるようにならないと何も始まらないと思います。

これが自然に身についたら、
怒ったり、悲しんだり、悩んだりすることが極端に減っていき、
自分自身でいることがとても気楽で、
毎日が楽しい・・というよりも、平穏になると思います。
そして、自分の軸がブレにくくなります。

自分自身であり、自分の価値を認め、
自分自身を愛するようになるためには、
私の場合ですが、

「そういった人間になりたい。
そういった経験がしたい」


と、強く望み続けること、そして根気よく日々の瞑想や、
自己観察を実践し続けることが大切だと思います。

そして、
ただすべてを流れにまかせて、やりたいことを心のままにできるようになるには、
目に見えず触れることもできないけれど、
自分を無条件で愛し支えてくれている、偉大な存在がいることを信じ続けること
が大切になってくるように思います。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

ちびこ says...""
とても胸にしみました。

特に、「ただすべてを流れにまかせて、やりたいことを心のままにできるようになるには、
目に見えず触れることもできないけれど、
自分を無条件で愛し支えてくれている、偉大な存在がいることを信じ続けること
が大切になってくるように思います。」のところが。

去年の夏ごろから、なにか大きな存在に見守られ、支えられていることを今までになくダイレクトに感じ
はじめ、それとともに、頭で意図することではなくハート(想い)のままに進むことで、事態が思いがけず
スムーズに展開していくことに驚いています。

未だに、本当に大丈夫だろうか?と疑心暗鬼に駆られることも多いのですが、少しずつでも、自分らしく
生きていけるスペースを人生の中に増やしていきたいです。

なにか、計り知れない流れを感じながら。
2017.02.21 22:17 | URL | #- [edit]
もちもち says..."こんにちは!"
シンプルだけど難しいです。。。

まだ受け入れていないところも多くて、四苦八苦しています、でも、逃げないでやっていきたいです。

やはり何処かで、自分の事が好きなのかも知れませんね(´∀`;A アセアセ
2017.02.27 11:42 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/670-b109f320
該当の記事は見つかりませんでした。