癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

帰ってきました。エジプト最高でした!(笑)

王とともに従者が生き埋めにされたり、
奴隷が死ぬまで鞭打たれての強制労働や、
不気味な工程でのミイラ作成。
国民のほとんどが男性優位のイスラム教であり、
「俺様についてこい!」的な私の苦手な亭主関白系男性が、
山のようにいるに違いない、
一生行くことはないと思っていた国、エジプト

しつこく強引な物売りや、買い物での値段交渉や、
至るところでバクシーシをねだる物乞いで知られる、
世界三大うざい国のひとつでもある、エジプト。

出発日をピンポイントで狙ったかのようなスノーストームで、
行きのフライトがキャンセルになり、航空券の手配や、
6時間の時差があるエジプトの旅行会社との緊急のやり取りで、
睡眠時間が2~3時間しか取れず、
エジプト航空のNYオフィスへ電話すれば、
超絶横柄なおっさんが対応してくれて、
エジプトへの前洗礼を受けた気分になり、

ともかく神殿とピラミッドに意識を集中・・・。
世俗には目を向けないようにして、
冷酷ニューヨーカーモードでいるように心がけよう。


いつも何も言わないポコプンでさえ、

「3人だけで行動しないで、
ツアーに参加するか、ガイドを付けるようにしてね!」

と、いうほどの国だし・・・。

と、かなり気合を入れてエジプトのカイロに降り立ったら、

どこもかしこもゴミだらけ。
道路に車線がなく、車はびゅんびゅん飛ばす、
そこをヘルメットなしの2~5人乗りのバイクが何台もすり抜け、
バナナ売りのロバの荷馬車や、人力車も車道を通り、
信号機はあるのに車が無視するので、
道を横切る人があっちこっちから飛び出してくるけど、
小走りになるわけでもなく、のんびり横断していく。
ともかく、カオス。すごいカオスなんです!

カイロ1


着いた早々排気ガスで、のどをやられてしまったくらい、
常に科学スモッグで煙る街なんですけど、

結果から先に言うと・・・、
エジプト人の人情の深さにノックアウトされてしまいました

ポコプンの脅しアドバイスで、普段なら利用しない旅行会社の空港送迎や、
ツアーに参加し、ガイドをお願いしたりしたことで、
うざいエジプト人からの守護があり、
その心の余裕もあってのことだとは思うのですが、

カイロ在住のIさんとご一緒させていただいた時のこと、
Iさんの1歳半の息子さんが、博物館のいかつい警備員のおっさんの持つ、
大きなトランシーバーを触りたがって、
その警備員は、とろけるような目で息子さんを抱っこして、
思いぞんぶんトランシーバーに触らせてあげていました。

ホテルのレストランでの、
ビジネスランチ中のスーツ姿のおじさまたちでさえ、
Iさんの息子さんが突進してくるのを、優しく抱っこして受け止め、
かわるがわるにハグするんですよ。

こんな光景、ニューヨークではありえないです。
ニューヨークだったら絶対に怒られてます。

ともかく、男性も女性も、みんな超優しいんです~
特に男性が、女子供年寄に信じられないほど紳士的なんです!



エジプトを出国するときには、
まるで家族と別れるかのような切なさがありましたよ

「ほらね!」

・・・。
ポコプン、何がほらね!なんですか?

「八多さんの・・・その豹変っぷりすごいですね。
あんなにもエジプトを嫌っていたのに・・・」
と、ノンモさん。

はい。自分でも驚いています。百聞は一見に如かずで、
自分の目と脳が、どれだけメディアに洗脳されて、
偏見に満ちていたのかを痛感した旅でした。

いくつかのイスラム教寺院にも訪れたのですが、
寺院に入ったとたん、スーッと気持ちが落ち着くんです。
簡単に瞑想状態に入れるんですよ。

カイロ2

カイロ3
トルコのブルーモスクを模して建てられたという壮麗なムハンマド・アリ・モスク

イスラム教徒が、先進国から攻撃的で暴力的な濡れ衣を着せられているのかが、よ~く分かりました。
世界規模のいじめですね

旅行中ずっとアテンドしてくださった日本語を話すガイドさんが、
敬虔なイスラム教徒で、ともかく紳士的で優しく穏やかなんですけど、
ただ真面目なだけじゃなくて、冗談もめちゃくちゃ面白いんです。

「じゃあ八多さん、
エジプト人男性をパートナーにできるんじゃないですか?」

パートナーになって頂きたいですよ~
でもイスラム教に帰依できませんけど。

「それはさておきですが、ともかくすごい変化ですよね!
旅行前の八多さんとは大違いですよ。
どおりで今日、八多さんに会う前にポコプンが、

「また戻ることになる」
って言ってたわけですね~!」

え?戻るって、エジプトにですか?

「はい。八多さんは、またエジプトを訪れることになるそうですよ。
しかも結構近々です」

エジプトにまた戻れるのは嬉しいですが、
さ来月から無職になりますし、
観光客にとって決して安い国ではありませんので、そう簡単には・・・💦

「エジプトに戻るための、何かの機会が生まれるそうです。
一度だけではなく、天のお仕事の関係で、
何度か行き来することになるかもしれないそうですよ。」

いやもう。ノンモさんが約5年もかけて、
ポコプンと一緒に手取り足取りでエジプトに導いてくださったんですよね。
そして、エジプト在住のIさんがポコプンのパシリになってお誘いくださって、
私が自分の意志の力でエジプトに行けるようにしてくださったんですよねぇ…(涙)
おかげで魂のエジプト嫌いが克服されました。
ノンモさん、ありがとうございました。

「もー、八多さん、なに言ってるんですか(笑)
でも、ともかく、良かったです!
八多さんがエジプトを毛嫌いしているうちは、
エジプト神話の調べものに身が入らないでしょうし、
地球物語も前に進まないですからね~」

カイロ4
野良犬に餌をあげるドライバーさん。毎朝このためにパンを買うんだそうです♡


ところでポコプン、
出発日のスノーストームで、2つの重要な神殿に行けなかったことから始まって、
最大の目的だった春分の日のイシス神殿は、
砂嵐で春分の前日に行くことになったし、
夜のピラミッドも予定日がキャンセルされたんですよ。
まぁ、これは翌日に行けたからよかったですけど。
帰りの飛行機では急患が出て、フランクフルト空港に緊急着陸したりと、
ただの不運では片づけられないハプニングが多すぎたんですけど。
この足止めの数々は一体なんだったんでしょうか?

「未来のタイミング的なものだそうですよ。
八多さんが今年の春分のイシス神殿を訪れるのは、
ちょっと早すぎたみたいですね。
なので、砂嵐は天が関与しているっぽいですが、
スノーストームは不運だったそうです」

いやいや。
カルナック神殿とルクソール神殿に行けなかったんですよ。
ただの不運じゃないと思いますけど…。

「八多さんがエジプトを大好きになっても、
行きたいところに全部行けて、やりたいことをやりつくせたら、
また近々エジプトに行こうとは思わないでしょ?
完全に満足できない旅だったからこそ、
また訪れることになるんですよ」

「今回の旅行はイントロダクション。
次回はもっと大きな何かがあるよ」
と、ポコプン。

え?大きな・・・?
優しいガイドさんの守護のない、
厳しい現実のエジプトのうざい面ですか?

「いえいえ。悪いことではなくて、
天のお仕事的に大きな何かという意味です。
エジプトを毛嫌いしていたから、八多さんが嫌がるだろうと思って、
今までずっと言えませんでしたけど、
八多さんに出会った時から、
八多さんの魂は必ずエジプトに帰ると感じていたんです。
何度転生しても、八多さんの魂はエジプトに帰るんですよ」

私がエジプトを毛嫌いしていたのは、
エジプト人ではなく、アヌンナキだったんでしょうね。
古代エジプトの前世で子作りマシーンとして使われていたのも、
アヌンナキ系だったみたいですし。

カイロ5
アブシンベル神殿 素晴らしく荘厳なんですよ!
でも、なぜかペラペラしている感がぬぐえないのです。


実は、神殿からはなにも感じられなかったんですよ。
3000年以上も前の建築物なのに、歴史の重みや深みを感じられなくて、
映画のセットみたいな張りぼてのペラペラ感を感じて、
かなりショックだったんです。

「でも、ピラミッドではエネルギーを感じたんですよね?
たぶん、ただの個人の感覚の差じゃないですか?
人それぞれ関心が違うように受け取り方が違うんじゃないかと思いますけど」

う~ん。それはどうなんでしょうね。
ということもあって、エジプトにまた行っても神殿に行きたい!
とは、あんまり思えないんですよねぇ。

たとえば、ノンモさんが飛行機に乗れるようになって、
一緒にエジプトに行けるとか、
エジプト旅行に当選するとか、
そういったよっぽどのことでもない限り、
再訪は難しいですけどねぇ・・・。

「きっと、そういう機会が生まれるんですよ♪」

ノンモさんと一緒に行けたら最高なんですけどね

ところで、旅行中ずっと感じていたことなんですが、
私にとってのノンモさんって、エジプト人みたいな性格なんですよね。
ひとつまえの前世が、エジプト人だったんじゃない?
って思うほどです。

そんなこんなで、ノンモさんとエジプト旅行話に花が咲き、
しばらくエジプトネタが続くと思いますが、どうぞお付き合いくださいませ。

私のエジプト旅行記を、フェイスブックに投稿していますので、
よかったら覗いてみてくださいね

フェイスブック(八多恵子)
www.facebook.com/eko8ta


*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 3 comments  0 trackback

3 Comments

きく says..."エジプトにまた戻る"
って、3次元レベルでも魂レベルでも凄く壮大ですね。帰国後の八多さんの変化、文章を通しても伝わってきます。ハートがオープンな状態ではないかしら。ポコプンがしつこく言っていたパートナーや双子ちゃんへの序章のような・・・。何はともあれ、今後のキーワードは、エジプトですね。
2017.03.27 23:50 | URL | #- [edit]
ちびこ says...""
エジプトの旅、楽しまれたようで羨ましいです!

私は生まれてこの方、無条件のエジプトLOVEです。
癒守の地球エジプトツアーがあったら絶対行きたい♡

日本画とエジプトのレリーフに激しく近しいものを感じますし、
日本とエジプト、絶対なにか深いところでつながってるはずです。

あー、私の魂のふるさと(と勝手に思ってる)エジプトを
八多さんもお好きになられて、爆発しそうに嬉しいです!
2017.03.28 23:52 | URL | #- [edit]
もちもち says..."こんにちは!"
お帰りなさいいいいいいぃぃ(゚∀゚≡゚∀゚)フォオオオオオ!!

八多さんがエジプト好きになられて良かったです!いらぬ心配をしてました(笑)あはは

ほほー、エジブトは人情があるのですな、ノンモさんも人情深い方なんですなぁ、確かに書かれたブログを読んでいるとわかる気がします。厳しい所もあると思いますが愛ゆえですなぁ。

前世の件はアヌンナキ達が絡んでましたか、本当に昔から手段選ばずやってますね・・・。

悪いコトは悪いと怒らないと、相手の為にはならんと思う自分がいます。
2017.03.29 13:15 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/682-f5cfb72b
該当の記事は見つかりませんでした。