癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

古代ユダ王国で起きた局部的な磁場反転についての未完成情報

「著者は著名人になってしまいましたからね。
天は今はまだこれ以上、情報を出せないと言っているのに、
自分のペースで本を書き進めたいがために、
個人的な予測情報を書いてしまっていますね。
なので、本の2/3は著者の作り上げたニセ情報になってしまってます。
たぶん、最初の1~2冊だけが素直に天の情報を書いた正しい情報ですね。
こんなことしたら、天とぶっつりつながりを切られてしまうのに・・・」

と、最近新刊が出た某スピリチュアル本について、
ノンモさんがこう語っていました。

私はえらいでしょ?ポコプン。

最近のポコプンって、
ジャガイモと人参と玉ねぎを手渡して、カレー作って!とか、
玉ねぎと鶏肉を手渡して、親子丼作って!とか、

肝心なカレーのルーと卵がないんですけど!

というような情報ばかりなので、ぜんぜんブログに書けないでいるんですよ。
なので読者さんには、もういいうよ!と思われているでしょうけど、
エジプト旅行の話や、ノンモさんとの雑談や、婚活の話を書いているこの頃です。

それに前々から言っていますが、
ポコプンとのつながりが切れたら、
私はいさぎよく天のお仕事辞めるつもりですので!

「まぁでも、この著者のように、
いさぎよく辞められない状況というのができあがっているんですよ。
出版社との兼ね合いや、
希望や期待を持った、たくさんの人を前に、
天とのつながりが切れたので、もう情報はお伝えできませんとは、
言えない状況になってしまうんですよ」

でも、それは中間テストや期末テストのように、
定期的にある、天のテストなんだと私は思ってます。

覚醒前のブッダや、布教前のイエスにあったといわれる、
悪魔の誘惑みたいなもので、
ポコプンはこのテストは自らの魂が自らを試すものであって、
天は一切関与していないと言っているのですが、
意識が高まれば高まるほど、エゴの誘惑もえげつなくなってくるでしょうから、
たしかに、契約先の出版社や、
希望に満ちた多くの人を前にごめんなさいを言うのは、
並たいていの勇気ではないでしょうけども。

それでも、あの世で目覚めた時にえらい目にあうのを知っているので、
私はその著者のような恐ろしいマネはできないですね。

(→記事『この世は短い夢の世界』をご参照ください)

「でも、八多さんは、
4年以上もポコプンの情報をブログで出したり、
癒守結セッションをして、人と神とのつながりを取り戻すお手伝いをしているわけですし、
この著者のようなことをやってしまっても、
あの世でポコプンに手のひらをパチンって叩かれて、
『メッ!』って言われる程度ですみますよ(笑)」

そんなの嫌です。
私の夢は死んでポコプンに会ったら、
よく頑張ったねと頭を撫でてもらうことですから!

「カレーになっていない状態でも、
情報は出してOKだよ」

とポコプン。

うーん。まぁ、そうするしかないですね。
でもオチがないので、読者さんにとって面白いのかどうかですが。

というわけで、
カレールーの入っていない牛肉スープや、
卵のない鶏肉と玉ねぎの煮つけみたいな、
完結していない小さな情報をお届けすることになると思います(苦笑)

例えば、こんな情報なんですが・・・。

02-handlesintime.jpg

紀元前8世紀頃に古代ユダ王国で作製された陶磁器を分析した研究から、地球磁場の急変動が複数回生じていたことが明らかになった。その変動レヴェルは、現在のテクノロジーに満ちた世界にとって脅威ともなりうる。

分析によれば、紀元前8世紀の終わりごろ、約30年の間に磁場強度が急激に変動した。まず、基準値から20パーセント以上増加し、その後基準値を27パーセント下回るまで減少したのだ。当時の全体的な傾向としては、現代と同様に、磁場の強さが穏やかに減少しているが、この急変動はかなり特異な現象だ。研究者たちによると、これまで考えられたことのない大きな変動幅だという。

古代ユダ王国に暮らしていた人たちにとっては、磁場強度の急激な変動は問題にならなかっただろう。しかし、現代のハイテク世界に生きるわれわれにとってはこうした変動は天災になりうる。つまり、地球磁場の強さがこのレヴェルで変動すると、太陽嵐に対する地球の保護がかなり弱くなる可能性があるのだ。


(Livedoorニュース 計測された「古代ユダ王国で起きた地球磁場の急変動」が、もしいま世界を襲ったら より抜粋)




この記事に対してノンモさんは、

「紀元前8世紀頃に古代ユダ王国で起きた局部的な磁場反転で、
S極とN極がひっくりかえった時に、
神のエネルギーとテクノロジーが封印されたそうです」
と、言っていて、

「この地場反転は、南極と関係しているよ!
今日はノンモが疲れているから、
これ以上情報を降ろせないんだけど、
次回また同じ質問してあげてね!」

と、ポコプンに言われたので、

その後、何度かノンモさんに質問しているのですが、
情報は降りてきません・・・。
(ここがカレーのルーがないポイントです)

南極とは、厚い氷に覆われたムー大陸のことですし、
(→記事『南極はアトランティス大陸ではなくて、ムー大陸の可能性ありだそうです』をご参照ください)

この局部的な地場反転が起きたころ、歴史的に、
イスラエルの南北分裂や、アッシリア帝国が北イスラエル王国を滅ぼし、
南ユダ王国の預言者イザヤが姿を消した時代なので、
テクノロジーの封印ともなにか関係するに違いないと思っていますが。

こんな煮え切らない情報でも大丈夫でしょうか?(笑)

あ、でもひとつ良いお報せがあります♪
最新の『癒守の地球物語』を一話書き終えました。
ノンモさんの承認があり次第、掲載させていただきますので、
どうぞお楽しみに~!

昨年7月から止まっている癒守の地球物語の、
情報が大きく変化していまして、
かなり書き直すことになりそうです・・・(=_=)

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 3 comments  0 trackback

3 Comments

野獣先輩 says...""
その話わかります。自分は趣味で絵をかいてますが描けない時はぜんぜん描けないですもん。右肩上がり上手くなるってわけじゃないんだなぁと痛感しています。娯楽作品でもそうですよね明らかに天から降ろしてきてるなって作品もありますけど殆どは商業的に作られたものですよね。
2017.04.17 22:23 | URL | #- [edit]
もちもち says..."こんばんは!"
エジプト旅行の話や、ノンモさんとの雑談や、婚活の話全部好きです!好きですぞ!(2回)

手のひらをパチンですか(゜ロ゜)!!大きく貢献されていますから、それで済むのも納得しちゃいますね。

個人的にカレーになっていない状態でも美味しいかと!もぐもぐ、それに食べられること自体がありがたいことですポコ。
2017.04.18 18:41 | URL | #- [edit]
says...""
新作の本、まさか創作が、三分の二までになっているのは、驚きです。
そして、
自分の中のエゴと期待が生み出してしまうもの。
確かに天とつながりがあってそれに反したことをすれば
きれてしまう。ふと、
イニシエーションの本のことを思いだしました。

でもその人が放ったものが、誰かの意識の中で育っていく怖さもあります。

読んでいる方は、それに気づくひともいれば、
真実がなんであるか?知らない人、気づけない人もいると思います。

一つの視点としてうけれいれてしまうこともあれば、
自分の内に聞いてみて
響くもの響かないもので判断してみたりする。
それだって自分の中のエゴが間違った判断をしないともいいきれない。
人は、過ちを繰り返しながら
それぞれの意識が、この世界を生み出していっているのかもしれないですね。

ただ、もし、はたさんが、そういう事をしたとしても
きっとわからないかもしれなし、ただ、?という保留箱に置いて様子を見るかもしれない。
でも、ハタさんがしてきたことは、ノンモさんがいうように、メッっていわれる程度だと思いますよ。

それだけ、人の意識を神とつなげるための貢献はしていると思います。

もっと肩の力を抜いて、自分の人としての人生も楽しんでほしいと思います。

たしか、南極の一部にとても局所的に磁場だったか?強い場所があるってどこかの記事に乗っていた気がします。
地球の磁場の強さをあらわす観測したサイトがあった気がするのですが、それと関係しているのかしら?
2017.04.20 13:37 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/692-de3cd586
該当の記事は見つかりませんでした。