癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

癒守の地球物語2 「大洪水に隔たれた青人」

二ビル星のアトランティス大陸に住む、富裕層のアヌンナキたちは、4つの次元と神の存在を知っていました。


アヌンナキたちは、新たな次元を作り、二ビル星を捨て、その次元に移住しようと考えました。そこでアヌンナキの悪い科学者たちは、HAARPなど足元にも及ばない高度なテクノロジーで大洪水を引き起こし、時空をゆがめ、4つの層をひとつにした3次元を作る計画を立てました。


アヌンナキが3次元で富裕層となるためには、家畜となり富を運んでくれる4つの層の人間が必要だったからです。しかし4つの層に存在する神の意識を持つ青人は厄介な存在であったので、青人の存在を4色人が五感で確認できなくなる、物質界(3次元)を作ろうとしたのでした。3次元に暮らす私たちが平面(2次元)に絵を描いたり、折ったり、破ったりなど簡単に操作できるように、3次元よりも次元の高い二ビル星からは、3次元を作ることなどたやすいことでした。


そしてアヌンナキにとって利用価値のある、二ビル星の科学者や技術者など優れたDNAを持つ人材は、新天地である3次元で自らの文明の再開のために保護することにし、淡水湖の中に大洪水の衝撃を受けにくいシェルターをいくつも作りました。またそのシェルターには二ビル星の飛行船や電子機器や兵器などの高度なテクノロジーも持ち込みました。


アヌンナキたちは、利用価値のある二ビル星の科学者や技術者たちに、汚染され、生きとし生けるものが暮らせない環境となった二ビル星で生き残った人々を、新しい次元へと移住させる計画があること、そして、二ビル星の人々の救済には、彼らの持つ高い能力が必要であることを伝えました。その計画を聞いた科学者や技術者は、二ビル星の人々を救いたい一心ですすんで危険な任務に就いたのでした。


そして良い心をもった二ビル星の科学者や技術者は、淡水湖のシェルターへと入り、富裕層の悪い政治家や科学者のアヌンナキは同じDNAを持つ血族とともに宇宙船に乗りこみ、月へ避難しました。


そして大洪水は引き起こされ、アトランティス大陸は地中海の底に沈み、二ビル星に残っていた何も知らない一般人は水にのまれてしまいました。この大洪水は地球上のすべての次元で起こりましたので、二ビル星だけでなく、4つの層に暮らす多くの4色人も被害にあい亡くなりました。


大洪水の衝撃の時空のゆがみによって、それまで4つに分かれていた次元はひとつとなり、アヌンナキの計画通り地球上に「3次元」という新しい次元が生まれました。そしてここから4色の人種が同じ3次元上に暮らすことになったのです。今まで暮らしていた次元よりも低い3次元に落ちた4色人たちは、それまで持っていた第六感的な能力を失い、神の意識を持つ青人は物質界である3次元では見えない存在となってしまいました。この大洪水で青人と4色人たちは隔てられてしまったのです。


世界の神々の体や顔が青く塗られたものがあるのは、青人が高次の神の意識を持つことを知る大洪水前の人間の伝承からなのです。

青人はただ見えなくなっただけで、3次元に存在します。

ルクソール神殿
エジプト アモン神

Nun_and_Naunet.jpg
エジプト ヌン神

シヴァ神
インド ヒンドゥの神 シヴァ神

Tlaloc.jpg
メキシコ アステカ文明 トラロック神

DSC_2326.jpg
北米 マヤ文明の末裔とされる、ホピ族のイーグル・カチーナ


☆ この記事の内容は癒守の地球物語パート1やブログの過去記事と大きく違ってきますが、ポコプン曰くそれで良いとのことです。
※『癒守の地球物語』の内容や文中のIS(イス)は、イスラム国や、その他の国家、政治、宗教、団体、個人とは一切関係ありません。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓





Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 6 comments  0 trackback

6 Comments

あみ says..."混乱中・・"
衝撃的でちょっとぼーっとしてます。アヌたち、ひどいですね・・
悔しくて悲しいです。

紫の人が気になります。

『汚染され、行きとし生けるものが暮らせない環境となった二ビル星で生き残った人々を、新しい次元へと移住させる計画』

なんだか、今地球で起きていることと似てる気がします。
もしかすると、アヌ達がアセンションとか次元上昇とかうまいこと言って何も知らない人間をまた煽動して自分達だけ新しい世界へ逃げ出そうとしてる??

自分達さえよければいいというエゴにまみれたアヌ達にとって、青人の事を知ってる人達は邪魔だったんでしょうね。マニフェスト・デスティニーなどとうそぶいて先住民を徹底的に殺戮したのはそういう理由があったのでしょうか。

青人達とつながる人が増えれば、ひっくり返せますよね。

まずは、笑顔を心がけてアヌ達が居心地悪くなるようにします!😉
2017.04.25 23:19 | URL | #vXefid6w [edit]
どろばんこ says..."変わる出来事と変わらない出来事がありそうだけど・・"
「地球物語」は読むたびに話が書き換わっていって付いて行くのがやっとなのですが、

多分その辺りの事が「生きている人間が世界の仕組みを知る」ヒントになっていると思ってます。

この書き換えの秘密も生きているうちに解けると良いですね。
2017.04.26 19:06 | URL | #- [edit]
Mii says..."赤鬼 青鬼"
霊感のある知人が小さい頃、鬼を見たそうです。
河童や座敷わらしはかわいそうな不成仏霊という説がありますが、
悪魔などもアヌンナキ等の不成仏霊や未来や高次元からのコンタクト?
と思っていますが、
鬼は、他の妖怪と違って、祭られているし、
青鬼が青人のことだったりするのでしょうか?
2017.04.27 21:36 | URL | #BzqNbjbk [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.04.28 02:57 | | # [edit]
もちもち says..."こんにちは!"
卑劣極まりない連中ですね(・-・)

静かな怒りがふつふつと沸いてきます。
2017.04.30 13:32 | URL | #- [edit]
いわこ says..."青人(せいじん)"
4~5年前に日本で流行ったのですが、ブルーマンという真っ青な顔でパフォーマンスする3人組みの男の人達を思い出しましたw

青人(せいじん)はまさに聖人なのですね~。古い壁画や絵画、オブジェなんかで、なんで青い体の人がいるのかなぁ?と前から不思議に思ってました。大洪水前の事が受け継がれて、現代にも残っているんですねw(゚o゚)w
面白いです(´∀`)b
2017.04.30 13:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/697-4b6d0c06
該当の記事は見つかりませんでした。