癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

だれひとり、飢えることなく、渇くことなく、自由であれるように。

エジプトでお世話になったガイドさんに、
機会があったら、ぜひニューヨークに遊びに来てくださいよ~。
私が案内しますよ~って、言ったところ、

「私はアラブ人だから、アメリカでは危ない人だと思われませんか?」
と質問されました。

「学生の時、アメリカに行きたかったけど、
今は政治の問題のせいで無理だと思います。
本当に行きたいけど・・・」

「私、危ない人に見られたくない・・・」
とも。

エジプト旅行前に、
会社のアメリカ人の同僚に、エジプトに旅行に行くんだよ~♪
と、言ったとき、

「え~!?エジプト!?確かに歴史のある国だけど・・・」
「気をつけてね!」
「テロが多い国に行くなんて勇気があるね!」

と、誰からも心配されてしまい、
恐ろしい国に行くことにしちゃったなぁと、
半分後悔しながら訪れたエジプトの、

大人、子供、お年寄りの人懐っこさ、
犬も猫も、お腹を見せて、のんびり昼寝をしてしまうほどの、
彼らの穏やかさ、人情の深さ、懐の大きさ、
人間が本来の人間としてある姿に魅了されてしまいました。

なので、優しいエジプト人のガイドさんからの、

「私はアラブ人だから、アメリカでは危ない人だと思われませんか?」
「私、危ない人に見られたくない・・・」

この一言に衝撃を受けました。

アメリカでは、テロや世界の秩序を乱す悪人とされているアラブ人が、
アメリカに来ることを怖がっている・・・。

人種の入り乱れるニューヨークならまだ大丈夫かもしれないけれど、
アメリカの地都市では、アラブ人は危険な目にあう可能性も高いし、
たとえニューヨークでもテロ騒動や戦争があれば、
それがどの国であれ、アラブ人というひとくくりで差別があるかもしれない・・・
ということに、気づかされきました。

「ブルックリンには、パキスタンからの移民が集まる、
パキスタン街があったんですけど、
ツインタワーの9・11のテロリストは、パキスタン人ということだったので、
9・11後、あっという間に、そのパキスタン人街はつぶされてしまったそうです」
と、ノンモさん。

「あと、知り合いのムスリムの女性が、
Macy's(デパート)で買い物をしたときに、
ある店員が、彼女の目が悪いことを知っていて、
こっそりと、カバンに商品を入れたんです。
彼女がMacy'sを出ようとしたとき、当たり前ですが、
防犯ベルが鳴って・・・彼女は逮捕されました。

それに、ムスリムの人が、
アメリカの国内便を恐れているのを知っていますか?
空港のセキュリティで別室に呼ばれて、
そのまま行方不明というケースが多いからなんです」
と、ノンモさん。

私は今まで、こんな風に感じたことがなかったんです。
私は、会いたい時に会いたい人に会えて、
行きたい時に行きたいところに行けて、
暮らしたいところに暮らせる、
なんの不自由もない立場にいることに気づきました。
そして私の周りもそういった、不自由のない人たちばかりでした。

そして、自由を奪われている人たちは、
平和を乱す危険な考えを持っている国民なんだから、
当然だと思っていたんです。

なので、エジプト人のガイドさんに言われた、

「私、危ない人に見られたくない・・・」
「だからアメリカには行けない。本当に行きたいけれど・・・」

の言葉に、
私も差別し卑下するひとりであったことに気づかされたんです。
こんなに純粋でまっすぐでエゴのない人間に対して、
なんてことを思っていたんだろうって・・・。

私の目には彼らは陽気で優しい人間としてしか映らないけれど、
アメリカにくれば、その国籍や言語や肌の色が理由で、
アラブ諸国ではなかったであろう、
嫌な思いをきっとすると思うんです。

なんで会いたい人に会えなくて、行きたいところに行けなくて、
住みたいところに住めないの!?
たかだか一部の政治家や宗教家のせいで!

みんな仲良くなれれば・・・、
お互いを分離させる、国境と宗教がなくなればいいのに・・・、
今まで何度も癒守結セッションで言っていた理想郷の地球も、
ただの、美しいスクリプトの言葉として言っていた、
ただそれだけだったことにも気づきました。

ほんのちょっとした気持ちの切り替えだけで、実現することなのに。
みんながみんなに優しくすればいいだけなのに。

本当に世界で起きていることへの気づき、
ポコプンがずっと伝えていたことへの気づき、
ポコプンが目指しているものへの気づきが起きました。

今は、本気でこの世を根底から変えたいです。
だれひとり、飢えることなく、渇くことなく、自由であれるように。

今までの私の視点は、アヌンナキによる先進国への洗脳のものでした。
自分が実際に見て、聞いて、感じたことではなかったのに、
メディアからの情報で、知ったかぶりをしていただけでした。
心からこれまでの自分の無知を恥じています。

「だからこそ、『癒守の地球物語』を出していかないといけないんですよね」
とノンモさん。

「アメリカは本当に悪魔の国ですよ。
でも、この国に自分たちは住んでいるんですけどね(笑)
富裕層の一部が悪魔であって、アメリカ人が悪というわけではないですが、
アメリカという閉ざされた空間にいるので、
メディアを鵜呑みにしてしまうのも、
仕方ないんですけど・・・。

でも、そんなアメリカ人の勇気ある人が、アラブの国に行って、
アメリカから爆弾投下される現地を伝えた動画があるんですけど、
爆撃で体が吹っ飛んで血を流しているのに、
それでもアラブ人たちは手を差し伸べて、
幼い子供たちを助けようとするんです。
みんな、一般市民なんですよ。
そこに、アメリカは爆弾を落とし続けるんです」

と、ノンモさん。

きっとアメリカ人は、なんの差別も受けず、不自由もなく、
エジプトに温かく迎え入れられ、暮らせると思いますが、
その優しいエジプト人から恐れられ、
また彼らを、招待することに躊躇してしまう国、アメリカ。

そして、なぜかそのアメリカに住む、私とノンモさん。
私たちの活動が、未来の小さな光の芽生えとなることを、
心から願ってやみません。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : ワタシのこと
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 7 comments  0 trackback

7 Comments

もちもち says..."こんばんは!"
とても考えさせられます。

この事実をちゃんと受け止めていきたいと思います。

八多さん、ノンモさん、教えて下さりありがとうございます。
2017.05.14 22:42 | URL | #- [edit]
stella says..."願い"
八多さんのまっすぐな思いが胸に突き刺さって、blogを拝見しながら涙が止まらなくなりました。
”無知は恥”、私も痛感したことで、現在目指していることへのきっかけにもなりました。
八多さんとノンモさんがアメリカで生活をしていらっしゃる意味、とても大きなものだと思います。
小さな光が、やがて大きな一つの光になった時、世界中の人々が笑顔を取り戻していたらいいなと、私も願っています。まずは自分自身から思いやりの気持ちを持ち、大変微力ながらもお手伝いさせていただきたいと思います。
2017.05.14 23:06 | URL | #- [edit]
Mii says..."再認識"
大きな目で見て必要悪なアヌンナキと、
ポコプンほか、アヌンナキ浄化に励む霊能力者や、スピリチュアルの方々の構図が、

よくドラマで見かける、
事件は現場で起きてるんだ!

という全体から指令を出す正義の上司と、
現場の声を聞く部下のやりとりを思い出しました。
(また違うと思うけど)


いくらアヌンナキが必要悪だったとしても、
失敗したら次はそれをかてにして初めて失敗の意味があるのに、
同じ場所にいたら何のための犠牲なのかわからなくなる。

だからスピリチュアリストは早く目覚めて!ってみんな言い続けてきたのだなと再認識。

一体どれだけ長く同じ場所に居続けているんだって呆れられないようにしていきたい。

例え全ての負の出来事が経験値として成長の為になるとは言え、
負による成長よりも、HAPPYによる成長ができるくらいにステップアップしていかないといけないと思った。
2017.05.15 00:16 | URL | #BzqNbjbk [edit]
あみ says..."今ここで"
自分に出来る事を見つけて行動してゆきたいと思いました。

ありがとうございます!
2017.05.15 03:46 | URL | #u5Hewm3c [edit]
みぃ says..."なんというか…"
胸がしめつけられました。
きっと私も沢山の色メガネをかけてる状態です。
ハ多さんの氣づきで私の色メガネも少し薄くなったのではと思います。

みんなが仲良く平和に幸せに暮らせる地球になるようにガンバりましょー!
2017.05.16 18:33 | URL | #- [edit]
says..."承認待ちコメント"
このコメントは管理者の承認待ちです
2017.09.18 13:05 | | # [edit]
says..."承認待ちコメント"
このコメントは管理者の承認待ちです
2017.09.18 13:08 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/707-16d3f826
該当の記事は見つかりませんでした。