癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

癒守の地球物語2 「アヌンナキによって消されたイスラエルの10支族」

シュメール文明を先導していたのは紫人でしたが、古代エジプト文明は、動物と人間のDNAを掛け合わせた半神半人が先導した文明でした。大洪水で3次元から締め出されてしまった青人が、ピラミッドを通してだけ、3次元とコンタクトを取ることができたため、半神半人はエジプトに高度文明を開いたのでした。この半神半人の姿は、古代エジプト神殿や墓中のレリーフにたくさん残されていますが、かごめかごめ唄のように後世に伝える目的はなく、ただ半神半人を知る人間が、聖なる壁にふさわしい神の姿を彫っただけなのでした。


3次元が生まれてずいぶん経ったある時、神の意識を持つ一部の4色人は、シュメールからエジプトに集められ、12支族に分けられました。この12支族の人々は『神と人間の混血児』という意味を持つ「イスラエル」と呼ばれていました。また12支族にはそれぞれに族名がありました。


この12支族以外にもう1族、レビ族がありました。レビ族は12支族を導き、守護するために存在していましたので、支族としては数えられていませんでした。レビ族は特殊な容姿をしており、あたかもカラスが人間になったかのように見られましたので、いつもマントを被ってその姿を隠していました。高い波動を放つホルスのミイラが入ったお神輿には、唯一このレビ族が、波動の衝撃を受けることなく触れることができたのでした。

ホルス神殿 お神輿レプリカ
ホルス神殿にある、ハトホルのお神輿のレプリカ。


オリオン、シリウス、ベガ、マクシニアス(アルクトゥルス+プレアデス)の4神は、神の意識のDNA(ここでいうDNAは、決して現代の血液検査などから発見できるDNAではありません)を広め、神の文明や叡智を広めるため、時が来たらイスラエルの12支族を世界各地に住まわせようと思い、導いていました。


アヌンナキは、原始的だった人間の文明が、ある程度まで発達したころに地球に移住し、富裕層となる計画のために、大洪水前から月に潜んでその時を見計らっていましたが、この4神の計画を知り、邪魔になるイスラエルの12支族を抹消してしまおうと考えました。アヌンナキのスーパーコンピューターでは、3次元で邪魔になる人間を完全に削除してしまうのも、異次元に移動させるのも、簡単なことであったのです。


時が満ち、神はまず、イスラエルの12支族とレビ族をカナン(現在のパレスチナ・イスラエル地方)に移住させ、そこで国を作らせようと思いました。そしてその後、その国を中心として、12支族を世界各地に住まわせようと思いました。神の指示を仰ぎ、12支族はカナンを目指して、ばらばらにエジプトを後にしました。レビ族はホルスのミイラが入ったお神輿とともに、一番最後にエジプトを出発しました。カナンには、ホルスのミイラを蘇生させる何かがあったからです。


イスラエルの12支族がカナンに到着するのを恐れたアヌンナキは、旅の途中の12支族を、スーパーコンピューターで1族ずつ、3次元から削除していきました。そうやって10支族が削除されたことを知ったレビ族が、神に報告すると、シリウス神は、アヌンナキのスーパーコンピューターに察知されないように、残った2族にブロックをかけ、守護しました。そしてイスラエルのDNAを守るため、行き先を変更し、レビ族の導きのもと、2族は日本に向かったのです。


シリウス神によって守護された2族を取り逃してしまったアヌンナキは、追跡をいったん終えて、配下のアヌンナキたちを地上に送りこみました。そして、イスラエルの12支族と名乗らせ、カナンに攻め入り制圧させました。


アブラハムの血を引くイスラエルの生き残りといわれているスファラディ系ユダヤ人でさえも、実はアヌンナキの末裔であり、本当のイスラエル人は日本にしかいないのです。イスラエルの2族の生き残りが存在することを知るアヌンナキは、そのDNA抹消のため、現在もなお、アミシャブと呼ばれる組織にDNAを探させているのです。


☆ この記事の内容は癒守の地球物語パート1やブログの過去記事と大きく違ってきますが、ポコプン曰くそれで良いとのことです。
※『癒守の地球物語』の内容や文中のIS(イス)は、イスラム国や、その他の国家、政治、宗教、団体、個人とは一切関係ありません。

================
ポコプンから伝授された癒守結(Isyui/いしゅい)
セッションと座談会に、ご興味がある皆さまからの、
ご連絡をお待ちしております♪


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。