癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

再熱する地球平面説

紀元前6世紀あたりまでの古代文明では、
主流の宇宙論であった「地球平面説」

現在この「地球平面説」が再熱しているらしく、
ノンモさんにおすすめされて「地球平面協会(The Flat Earth Society)」
とやらのYoutubeを観たのですが、
これがなかなか、理にかなっているのですよね・・・。

ポコプンいわく、

「とりあえず、情報として頭においておいてね♪」
とのことで、
これ以上のポコ情報もなに出てきていません。

残念ながら日本語字幕の「地球平面協会(The Flat Earth Society)」の
動画が見つからないのですが、

英語の動画はこちらからどうぞ♪


「できれば、読者さんたちに分かりやすいように、
動画を、日本語で説明できたらいいですよね~」
と、ノンモさんに言われてしまったので、
(ーー;)

情報の真偽はさておき、
「地球平面協会(The Flat Earth Society)」の主張を、
簡単に説明させていただきます。
今回は、写真多めです。

地球平面協会(The Flat Earth Society)による、

【地球平面説】

・ 地球は平面、かつ円盤状である
・ 円盤の中心は北極である
・ 円盤の周囲はぐるりと氷の壁で縁取られており、これが南極である
・ 太陽と月の直径はともに51kmほどであり、約4,800km上空の天球上を24時間周期で移動している(その他の星は約5,000km上空を移動している)
・ 重力は幻覚。自由落下運動の加速度(g=9.8m/s2)は誤りであり、実際は地球がその速さで上昇している(原因は不明だが、恐らく謎の「暗黒エネルギー」によるもの)
・ 地面の下に何があるのかは不明、しかし恐らく岩で構成されている
・ 衛星写真などで見る丸い地球は、すべて加工されたもの
・ NASAや政府などの陰謀により、地球は球体と信じ込まされている
・ 南極で自由に活動できない理由は、円盤の縁から人間が落下する事故を防ぐため
・ 国連旗は、地球が平面であることを暗に示すものである


国連
国連旗

地球平面協会(The Flat Earth Society)の考える地球のモデル。
地球は平面、かつ円盤状である。円盤の中心は北極である。
円盤の周囲はぐるりと氷の壁で縁取られており、これが南極である。
映画『トゥルーマン・ショー(The Truman Show)』のように、ドームで閉鎖されている世界で
宇宙空間には行くことはできない。
NASAや衛星による地球や宇宙空間の写真は、すべて加工されねつ造されたものである。

Slide14.png

地球は自転しておらず、
太陽と月の直径はともに51kmほどであり、約4,800km上空の天球上を24時間周期で移動している
(その他の星は約5,000km上空を移動している)
上空からは見る平面の地球は、まるで陰陽のサインのようですね。
Slide15.png

【地球平面説の10の証明を3分で解説動画より】



1.アマチュアによる100,000フィート上空からのビデオ撮影では、地球は平面に映っているが、
NASAによる100,000フィート上空からのビデオ撮影では、地球はカーブしているように映っている。

Slide1.png

2.飛行機などで上昇しても、地平線は常に目の高さにある。
左:球体での上昇図。 右:平面での上昇図。


Slide2.png

3.船からは30マイル先の灯台が見えるが、
地球が球体なら、30マイル先の灯台は600フィートカーブ下にある計算となり見えないはず。


Slide3.png

4.水は常に水平である。

Slide4.png

5.もしも地球が球体であるなら、航空機は常に機首を下げておかなければ、
宇宙空間に飛び出すはずである。
35,000フィート上空を、時速500マイルで飛んでいるのなら、
機首は毎分2700フィート降下し続けなければならない計算になる。


Slide5.png

6.もしも地球が時速約1000マイルで自転しているのなら、
光速よりも早いスピードとなり、
東側に立つ人には決して自分の声が届かないはずである。


Slide6.png

7.長さ120マイルのスエズ運河の中央は、
地球が球体であるなら、1700フィートの高低差になる計算だが、
スエズ運河は完ぺきに水平を保っている。


Slide7.png

8.ニューヨークのVerrazano–Narrows Bridgeは、
地球が球体であることをもとに計算されて建設されたが、
川の水は橋と同じようにカーブしているだろうか?それとも水平だろうか?


Slide8.png

9.重力がすべてのものを地球の中心に引き寄せているのなら、
なぜ地球の中央に液体が存在できるのだろうか。


Slide9.png

10.地平線から昇る前から、太陽の光は差し始めるが、
地球が球体であるなら、これは不可能である。


Slide10.png


例えば飛行機がアラスカのアンカレッジ国際空港からヨーロッパへ飛行する際には、
最短距離で飛べる北極ルートを使用します。
ロンドンやパリに飛ぶ際には北極上空を飛行するのです。

しかし、逆に南極ルートというものは存在しません。

Flat Earth Air Route


旅客機や輸送機が例えば、シドニーからアルゼンチン、
あるいはニュージーランドから南アフリカへ飛行するには、
南極上空を越える方が距離も短く効率が良いのです。

けれども、南極上空を越えることは禁止されております。
表向きの理由は南極には飛行場がないから,
緊急着陸ができず危険だからだそうです。

**************

ポコプン、地球平面説がもしも真実であれば、
現在の理科、科学、物理、歴史などは、すべてデタラメになりますよね・・・。

「そうなりますね。
信じても良いのは国語、英語の語学系と、数学くらいじゃないですか?」
と、ノンモさん。

もしも、これが真実であれば、
アヌによる人類の家畜化はここまですすんでいたってことですね・・・。

================
ポコプンから伝授された癒守結(Isyui/いしゅい)
セッションと座談会に、ご興味がある皆さまからの、
ご連絡をお待ちしております♪


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : アヌンナキ
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。