癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

サハラ砂漠を掘ったら、ものすごいものが出てくるよ!

ポコプン、なんで世界でもアラブ地方だけが、
こんな風にきれいに砂漠地帯になっているんでしょうか?
まるで宇宙から、火炎放射器でこの一帯を焼かれたように、
ここだけが砂漠ですよね?

世界地図 サハラ砂漠

「確かに、本当にここだけが砂漠ですね。
アラブ地方よりも暑い、赤道直下の国なども、
砂漠であってもいいのに、緑がありますから変ですね」
と、ノンモさん。

「へぇ~。どうやら神が、砂を使って何かを隠しているみたいですね。
あ、ポコプンが、砂に埋もれていたアラブのの古代遺跡などで、
現在発見されているものは、総数のたった3%に満たないって言ってます」

「掘ったらものすごいものが出てくるよ!」
とポコプン。

ポコプン、そういう情報は私たちに言ってもムダなので、
権威も発掘許可も後ろ盾もある、
吉村作治先生に言って下さいよ。

「吉村先生は、そこじゃないんだよ~!
ってところを掘ってるって、ポコプンが言っています。
でも、吉村先生が掘り出したいと願っているものは、
ポコプンたちが埋めたすごいものではないみたいですからね。
ポコプンが言っているすごいものって、
エジプトの遺跡よりも、もっともっと古いものだそうです」
と、ノンモさん。

じゃあ、ノンモさんが堀りに行ったらどうですか?
世紀の大発見者になれますよ(笑)

「って、何を使って掘るんですか(苦笑)」

手とか・・・(爆)

「それじゃ、また違う意味で有名人になっちゃいますよ(笑)
掘り出そうとしても、掘り出せないほど、
それは砂漠深くに埋もれているらしいですよ。
現在の最新技術でも掘り起こすのは無理みたいですね。
砂漠に穴が開いて、そこから砂が自然に抜けるとか、
大洪水でサハラ砂漠が水浸しになり、
固まった砂を掘り起こすとかしかないみたいです」

エジプトも、まだまだ素晴らしいたくさんの遺跡が、
砂の底に埋もれているのに、
それを掘り起こす資金がないのですよね。
なので、日本が相当援助しているようですが・・・。

「アヌンナキたちは、
重要な何かが埋もれているサハラ砂漠地帯の国々に経済制裁して、
独自に砂漠を掘り出せないようにしているんですよ。
それほど掘り出されてはマズいものが埋まっているんでしょうね」

このサハラ砂漠の一帯には、
シュメールやエジプトなど、数々の古代超文明があったので、
本当に怪しい一帯だと思います。
アヌが無理やり侵略までして、アラブにイスラエルを作ったわけですから、
きっと私たちには分からない、何かがここにあるんでしょうね。

「サハラ砂漠に疑問を抱けたのも、
八多さんがエジプトを好きになったからですね。
興味がないと、こういうところに目がいかないですよね(笑)」

たしかに、そうですね~(笑)
3月までの私は、アラブ諸国には興味ゼロどころか、
問題ばかり起こす中東は、地球上から消えればいいのにとまで思ってましたからねぇ。
今は、私のアラブLOVE熱は高まるばかりで
本当に、アラブ諸国はすごいです!

================
ポコプンから伝授された癒守結(Isyui/いしゅい)
セッションと座談会に、ご興味がある皆さまからの、
ご連絡をお待ちしております♪


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : 未分類
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。