癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

虫の知らせと第七感

先週の座談会で、
虫の知らせってなんだろう?という話題が出て、

「なんか良くないことが起きると感じたら、大地震が起きたとか、
ふと誰かの顔が浮かんだら、電話がかかってきたとか、
そういう虫の知らせって、未来の自分からのメッセージなんでしょうか?
それとも、それは繰り返しの人生で経験したことなんでしょうか?
または、ご先祖様が教えてくれることなんでしょうかねぇ?」


と、言われて、
さぁ?どうなんでしょうねぇ?その全部が当てはまりそうですけどねと、
参加者さんと話していたんですが、

ノンモさんの答えは、

「それは第六感のことです」
でした。

「第六感は、アヌンナキが3次元を作ってしばらく経った後に、
知恵を埋め込まれるまで人間が持っていた能力です。
自然災害を察知した動物が、災害が起きる前に逃げ去るように、
ごく自然な、古代の人間なら、みんなが持っていた能力です」

と、ノンモさん。

「だからボクたち(天)のこれからのミッションは、
人間の能力を現在の10パーセントから25パーセント近くまでシフトさせること。
それによって人は第七感以上の感覚が目覚めて、
言語じゃない方法でコミュニケーションが取れるようにもなる」


と、ポコプンが「月双ノンモの地球寓話『ノンモの部屋4』」
で言ってたように、私たち人間はみんな第六感を取り戻せるようになるんですか?
(→記事『天のミッションは人の潜在能力を10%から25%までシフトさせること』をご参照ください)

「ポコプンとしては第八感まで持ってほしいところだそうですよ。
第七感まで持つと、人間の意識は3次元にいなくなり、
別次元を理解できるようになるそうです」

え?ということは、
第六感以上を持つことが、解脱になるんですか?

「あ、いえ。解脱は死んだ後、
地球に転生しなくなることなので違います。
第七感以上の意識を持つ肉体は、
3次元に存在したまま、別次元にも存在できるようになるそうです。
でも意識は別次元にあるので、ボケーッとして、
この人大丈夫?って感じになるみたいですけど(笑)」

ノンモさんは第六感以上のものを持っているように感じますね。
たまに意識が別次元に飛んでるな~って、見ていて思いますから。
あ、ボケーッとしているって意味じゃないですからね!(笑)

================
ポコプンから伝授された癒守結(Isyui/いしゅい)
セッションと座談会に、ご興味がある皆さまからの、
ご連絡をお待ちしております♪


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : 未分類
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。