癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

血縁関係やビジネスのグループエネルギーがもつれると・・・の追記

先日の記事『血縁関係やビジネスのグループエネルギーがもつれると・・・』
に、なかなかの反響を頂いて、嬉しかったです♪

でも、グループのエネルギーがもつれるのは、とてもレアで、
誰もかれもに当てはまるわけではないそうです。

このエネルギーのもつれの原因は2つあって、
ひとつは、『ただの不運』
もうひとつは、『誰かの恨み』だそうです。

「八多さんの元ご主人の場合はただの不運です。
原因はなく、ある時から突然エネルギーがもつれ出します。
この不運のケースは、この世にとても数が少ないです」
と、ノンモさん。

はい。元夫の家族や親族のほぼ全員が、
このブログには紹介できないレベルの、
法に反することに関わっていましたし、
その中でも法に反したことをしない元夫でしたが、
家族と親戚がこんな調子で、常にトラブルが巻き起こるので、
心が休まる暇がなかったようですねぇ。

なので、ただの不運の場合は、
元夫の家族のような、よっぽどのケースとなります。

「ふたつめの原因の『誰かの恨み』は、『ただの不運』よりもっと少ないです。
というのも、恨みでエネルギーをもつれさせ、
一家を滅ぼせるだけの強い能力がある人は、
この世にほとんどいないからです」

それは、黒魔術とか、ブードゥー教みたいなものですか?

「はい。そうです。
恨みを持った人が、プロの黒魔術師に依頼して、
エネルギーをもつれさせ、呪いで一族を滅ぼすとします。
でも、その一族の恨みは、黒魔術師にも依頼者にも返ってこないんです」

そうなんですか?
それはフェアじゃないですね。

「ですね。その相手の恨みは、
黒魔術師と依頼者をすり抜けて消滅するんです」

原因が、グループのエネルギーのもつれなのか、
個人の心理なのかを見極める力を持ち、きちんと判断ができる人で、
エネルギーのもつれた部分をいったん切って、
なおかつ、また一つ一つ繋げてあげる作業ができる能力のある人でなければ、
危険だそうです。

「適当な人にやってもらうと、
グループが全滅するから気をつけて」

とポコプン。

「この世の霊能者や霊媒師のほとんどには能力がなく
お金儲けでやっている人がほとんどです。
能力がないので、人の心理を利用するんです。
不安にさせておいて、ちょっとした救いを与えて、
また不安にさせ、救いを与え…という風に、
クライアントを依存させるんですね。

ものすごく荒く低いエネルギーと繋がっているのに、
高いエネルギーと繋がっていると思い込んでセッションをしている、
霊能者もいます」

「怖いのは、
荒いエネルギーと繋がっている霊能者のセッションを受けると、
クライアントのエネルギーも一緒に下げてしまうんだよ。
運が悪くなっていって、エネルギーが落ちてしまう」


と、ポコプン。

「ブログを通して何度もみなさんにもお伝えしていますように、
この世の霊媒師や霊能者のほとんどが偽物です。
なぜ本物ではないかというと、神は人間にそういった力を与えないからです。
自己の内にではなく、外側に解決を求めさせ、
依存させ、元凶を自分の内ではなく、外側の責任にするのは、
人間として生きていく上で、ルール違反であることはご存知ですよね?

なのになぜ、この世の霊媒師や霊能者は、
ルール違反の手助けをしようとするのでしょうか?

ですが、信じる者は救われるという言葉にもありますように、
ご自身の信じたいものを信じてください。
ただし、その道は僕の目指す方向ではありません。」


と、ポコプンは言います。

今月に入ってから、何度も何度もこのメッセージを伝えられるので、
ポコプン的に何かの意図があるのかもしれないと思って、
以前にも書いた内容と重なる部分もありますが、
記事にさせて頂きました。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓





Category : 未分類
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。