癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

封印が解かれるのは、人間以外の生き物です

「多くの人が、もうすぐ人間の封印が解かれると思っているかもしれませんが、
封印が解かれるのは、人間以外の生き物です」
と、ノンモさん。

人間以外の生き物って、動物や植物ですか?

「主に哺乳類や魚類や爬虫類です。
植物と昆虫類は・・・ピンとこないですね。
ちょっと分からないです」

人間の第六感以上の人間の特殊能力が、
アヌンナキによって封じられているように、
人間以外の生き物の能力も、アヌンナキが封じたんですか?

「いいえ。神が封じました。
神が、人間以外の生き物の持つ神の能力を、ある時まで封印したんです。
封印と言っても、危険を感じた亀が、甲羅に身をひそめるような感じで、
生き物の神の能力が隠れている状態です」

その人間以外の生き物の封印を解くある時とは、
アヌンナキを滅亡させる時、
またはアヌンナキの勢力が弱まった時なんだそうです。

「それは、そんなに遠い先の話ではありません。
神の能力の封印が解かれ、生き物がこの世を先導するようになり、
アヌンナキの支配がなくなった地球は、
急速にパラダイスに戻っていくそうです」


アメリカ中西部のワイオミング州、アイダホ州、モンタナ州に横たわる、
イエローストーン国立公園の中心には、毎日45,000トンもの二酸化炭素を排出する、
超巨大火山が存在するのですが、
近年、イエローストーン国立公園周辺で火山性地震が多発しており、
いつ噴火してもおかしくない状態だと言われています。

噴火すれば、地球全体が寒冷化し、
北アメリカ大陸に人間が暮らせない状態になるのだそうで、
アメリカ政府はイエローストーンが噴火した場合のために、
南アフリカ、ブラジル、オーストラリアなどへの、
「米国人の数百万人規模の大量移住」を要請しているとか。

us-yellowstone-move.gif

(以下のサイトを参考にさせて頂きました。

『NAVERまとめ、世界一ヤバい火山「イエローストーン」周辺で火山性地震が多発!!』

『In Deep、アメリカ政府はイエローストーンが噴火した場合のために、南アフリカ、ブラジル、オーストラリアなどへの「米国人の数百万人規模の大量移住」を要請していた』)



「アメリカのイエローストーン国立公園の火山が噴火して、
アメリカに誰も住めなくなれば、アメリカ政府が機能しなくなります。
アメリカという国、そのものがなくなるかもしれません。
そうなれば、国境がなくなり、戦争がなくなり、宗教がなくなり・・・、
その時に人間以外の生き物の封印が解かれれば、
生き物の導きにより、地球は急速に正常化していくのかもしれません」
と、ノンモさん。

「人間の封印が解かれたところで何にもならない。
今は人間が自然や生き物の頂点に立っていると思っているだろうけど、
封印が解かれると、生き物と人間の立場が逆になるよ」


と、ポコプン。

人間は自然界の頂点に立った気になり、
自然破壊や動物や魚類の乱獲や虐待など、
抵抗できないものに対して、暴力の限りを尽くしていますが、
生き物が自然界の頂点に戻ったら、
すべてを愛で包み込むのだそうです。

「愛といっても、甘やかしの愛ではないですけどね」

はい。山に囲まれた家で育ちましたので、
自然界の厳しさはよ~く承知しております。

その時がきたら、一気に生き物の封印が解かれ、
急速に神としての能力は、誰にでも分かる形で示されるそうです。

「ポコプンは生き物の中でも、特にタコの覚醒が早いと言っています。
タコの擬態もすごいですが、教えてもらったわけでもないのに、
ペットボトルの蓋をあけて中に入っている餌を食べたりできるんですよ。
だから、宇宙人がタコのように描かれているイラストって、
まんざら間違ってないのかもしれませんね」
と、ノンモさん。


ペットボトルの蓋をあけるマダコの動画

イエローストーン国立公園の火山が爆発したら、
ノンモさんはどの国に移住しますか?

「え?そうなったら、日本に帰りますよ」

あ、そっか、日本なんですね。
私は混乱に紛れて、エジプトやアラブの国に移住しよう~って思っちゃいましたよ。
重症ですね(笑)

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : アヌンナキ
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。