癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

アヌンナキたちが時間を早めているのは、 子供が子供である意識を持つ時間を短くするため

以前の記事、『アヌンナキが地球上の時間を操作し早めています』で、

「なぜアヌンナキが地球の時間を早める必要があるのか、
詳しくは教えてもらえないのですが・・・」
と、今年の2月にノンモさんが言っていた、
その理由を唐突に伝えられました。

「アヌンナキたちが、地球上の時間を早めているその狙いは、
子供が子供である意識を持つ時間を短くすることにあるようです」

最近の子供たちが、すごく大人びていると感じませんか?
私たちの時代なら、十代になってようやく発言するようなことを、
まだたった3歳~4歳なのに言う、
姪っ子たちや、同僚の子供たちに私は驚かされたりしていましたが、

「アヌンナキたちは、
赤ん坊の状態で意識を持たせるくらいまで、
時間を早めていくそうです」

それは、顕在意識ですね?

(顕在意識と潜在意識については、
月双ノンモのなんでも愛ランド~世界で一番悟りに近い島~ブログの、
記事『人間の脳と潜在意識』をご参照ください)


「はい。以前なら7歳ごろまでの子供の意識は、
潜在意識とつながっていた状態だったんですが、
早くから顕在意識を発達させて、
人間が神とつながらないような状態にしようと考えているようです」

それは・・・、人間のロボット化では?

「はい。人間のロボット化です。
もちろん神は、そうさせないように手を打ちますけどね」

そのために、人間以外の生き物の封印が解かれるのかもしれませんね。
(→記事『封印が解かれるのは、人間以外の生き物です』をご参照ください)

教えてもOKな時がきたからなんでしょうけど、
あまりにも唐突に伝えられた情報でした。
7月になってから急に、濃いポコ情報が降りてきているように感じます。

7/18/17追記です:
ポコプンからの追加情報です。シリウスの子供たちは生まれながらに、感情豊かで、考えることをしない、おっとりした穏やかな子供たちなんだそうですが、3次元に生まれてきたら、アヌンナキの早いスピードには逆らえないので、残念ながら顕在意識の方が成長してしまうのだそうです。
  
よくポコプンが、ニューヨークが世界で一番の精神修業の場と言っていますので、この早いスピードにも対応できつつ、シリウスチャイルドの心を失わない、臨機応変さを求められているのかもしれないな~って思います。こうやって、シリウスチャイルドもふるいにかけられるのかもしれません。


================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : アヌンナキ
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。