癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

2014年 過越祭(Passover) その2

sukkot-and-passover-2014-2015.gif

(『赤い月と黒い太陽』In Deepさんより。
この皆既月食については詳しくはIn Deepさんのサイトをご覧ください)



血の月と呼ばれる皆既月食があり、
ユダヤ教の重要宗教祭事の過越祭である、
2014年4月15日に、
ノンモさん&ポコプンの特別臨時ミーティング(笑)が開催されました。

4月15日から皆既月食が4回連続し、
全てユダヤ教の重要宗教祭事の日とシンクロするのは、
(仮庵の祭については、旧ブログの記事『マイムマイム』をご参照ください)
カバラよりも古い、古代の計算方法から、
そうなるように計算されていたものだそうです。

そして、その計算の目的は・・・

「今日(2014年4月15日)から、
ISを呼び起こすためです」

と、ポコプン。

この4回の月食がある期間の、
2014年4月15日から2015年9月28日までが、
とても重要になるそうです。

1回目の4月15日にはISが呼び起こされますが、
2,3,4回目も、それぞれに、
ISに関しての目覚めが起きるのだそうです。

2回目と3回目の月食に挟まれる、
2015年3月20日の日食にも、
もちろん意味があるそうですが、
何が起こるのか、どんな意味があるのかは、
今は教えてもらえませんでした。

なぜ月食である必要があるんですか?

「それは、月からのエネルギーが必要だからね」
と、ポコプン。

月のエネルギーがなぜ必要なのか?は、
教えてもらえませんでした。
今のところ教えてもらえるのは、概要までのようです。

ところで、私はなんで今日、
ミーティングに呼ばれたんでしょうか?

「実はさっきから、
自分と八多さんのエネルギーの入れ替えがされてて、
どんどんエネルギーが送り込まれています」
と、ノンモさん。

・・・(* ̄- ̄)ふ~ん

なぁ~んにも感じませんけど。

「身体のエネルギーの変化には自覚が起こらないんだよ。
この変化を感じると言う人は、
感じたいから感じているように思っているだけなんです。
でも時空などの変化の場合は身体で感じるけどね」

と、ポコプン。

そして、ポコプンから伝えられたのは、
このエネルギーを今後、秘儀セッションで使っていくこと。
今年から始まったシリウスの時代への変化に対応できるように、
皆さんのエネルギーの変化のお手伝いをすること。

そして、このエネルギーを受けた私は、
もっと打たれ強くなるらしいです(笑)
誰から何を言われても、全く気にならなくなるそうですが、
なぜに天は、私にここまでの鋼の根性を求めるのでしょう・・・。
将来何が起こるのか、ちょっと恐ろしいです。

このエネルギーに満たされることができるのは、
2014年4月15日の、この1日のみだったそうで、
私とノンモさんは会わなくてはならなかったそうです。

過越祭(Passover)であることも、
呼び出されたことに関係しているそうで、
前世で、私とノンモさんはモーセの出エジプトの頃一緒にいて、

「現在も超正統派ユダヤ人が行っている、
過越祭の本当の理由のほうを行っていたんだよ」

と、ポコプン。

過越祭の本当の理由???

「調べると何か出てくるかもしれないそうですよ」
と、ノンモさん。

ふふふ・・・久々の宿題ですね。

ポコプン曰く、私たちはこの当時の事を次第に思い出していくそうで、
その当時の人生ではなく、役割を心が思い出すのだそうです。

ちなみに、14日に地球へ大接近した火星ですが、
こちらは宇宙人の方に関係しているそうです。
また詳しく教えてもらって、ブログに書きますね~。

*****************
秘儀ヒーリングと座談会に、ご興味がある皆さまからの、
ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/74-e024742c
該当の記事は見つかりませんでした。