癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

昆虫は腹側で地球語を話す?

ノンモさんが車の窓にとまった蛍を見た時のこと。

「蛍の灯す明かりをきれいだな~って思って、
ぼんやり眺めていて気が付いたんですけど、
蛍を裏から見てると、蛍の意思が伝わってくるんです。
地球語を話しているんですよ」
と、ノンモさん。

蛍

蛍はなんて言ってたんですか?

もう少しだよ。大丈夫だよ。
これでも一生懸命生きているんだよ。

って言っていました」

もう少しだよ・・・というのが気になりますね。

「だから、もしかすると、他の昆虫も、
立ち上がった状態になると、
地球語を話せるのかもしれないって思ったんです。
ほら、昆虫っていつも背中を見せていて、
立ち上がってお腹側を見せることはないでしょ?」

確かにそう言われてみれば、そうですよね~。
昆虫と対話したければ、正面に向き合うことなんでしょうか。

ちなみに、ニューヨークにも蛍はいます。
自然豊かでもなく、水も汚染されてそうなのに、
季節になると、アパートの近所をふわふわと飛んでいるのを見かけます。
けれど、日本の蛍のように、情緒のある繊細で美しい灯ではなく、
ボワーッ!ボワーッ!と派手に大きく光っています。

ニューヨークでは、蛍もタフなようです(苦笑)

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓





Category : 地球・地球語
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。