癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

現在宇宙人が地球に降りて来ています

前回の記事で、
地球に大接近している火星は宇宙人に関係しているそうですと書きましたが、
ポコプンに確認し直したところ、どうも違うようです・・・。

う~ん。でも、私の勘では、火星は絶対何かに関係してると思うんですよね~。
ただ、ポコプンはそれが何なのか、今はハッキリと教えてくれません。

ですが、先週から宇宙人が地球に降りて来ているとの事です。

宇宙と地球をつなぐ時空の階段のようなものが設置されていて、
そこから実際に降りて来ているそうです。

この時空の階段は、例えばアメリカや中国など、
限られた国に通じるものではなくて、
地球上ならどこにでも、
降り立ちたい場所に降りることが出来る階段だそうです。

その時空の階段が出来たことで、
ワームホールのような、
時空の小さな歪みもたくさん出来ているそうで、
このワームホールに巻き込まれて、
突然姿を消す人が出てくるらしいです。

・・・と、いう話をしていたら突然、

「あっ!今、八多さんの後ろの空間が歪みましたよっ!
巻き込まれないでくださいね!
どうも、こういう話をしているところには、
歪みが発生しやすいみたいですね~」
と、笑うノンモさん。

あの、それ、笑うポイントじゃないんですけど・・・。

巻き込まれた人間や物体は、ワームホールから出て行ってしまいますが、
ここから宇宙人は入ってこないそうです。

降りてくる宇宙人には、人間の姿をした者もいますが、
異様な宇宙人の姿をした者もいるそうです。
人間の姿をした者は少数で、宇宙人の姿をした者が多数だそうです。
後者は次元が違うので姿は見えないらしいのですが、
ただ、見える人には見えるそうです。
(ノンモさんは見えるとのこと)

降りて来る宇宙人と入れ替えに、
ある政府と手を組んでいる宇宙人たちが去っているそうです。
宇宙人が去って空きが出た行政機関内のポジションに、
少数の人間の姿をした宇宙人が就くという風に、
人員(?)の総入れ替えが行われているそうです。

過去にも何度もこの、総入れ替えは行われていて、
そのたびに、大きな転換期が起こるそうです。

大きな戦争が起こったこともありますが、
最近では約30年前からの、
急速なテクノロジーの進化が、その転換期のひとつのようです。

今回の彼らの目的が何なのかは不明ですが、
なんらかの大きな変化が起きるのは確実だそうです。
天災などが引き起こされる可能性もあるそうですが、
彼らは人間を資源としているので、
絶対に人類と地球を破滅させる事はありません。

宇宙人が降りてくる期間は、約1週間だと言われましたので、
4月11日から18日頃までの間のようです。
なので、この宇宙人の人員交換はもう終了しているのかもしれません。

人間の闇を資源にする悪い目的を持った宇宙人が大多数ですが、
少数ながらも、そのやり方に反対し、人類を救おうと、
シリウスBに協力し、良い目的に寝返る宇宙人もいるそうです。

過去の記事『近々宇宙人が地球に降り立つそうです』
で書いたように、誰の目にも明らかな形でUFOが降りてくるのは、
今回の宇宙人とはまた別に起こるそうです。

*****************
秘儀ヒーリングと座談会に、ご興味がある皆さまからの、
ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチも、よろしくお願いします↓

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Category : 宇宙と宇宙人
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

ななの母ちゃん says..."No title"
空間に歪み。。。

ところで、ワームホールからでた人々はどうなってしまうのでしょうか?
無事だといいのですが。。
2014.04.20 16:39 | URL | #- [edit]
八多 恵子 says..."コメントありがとうございます♪"
ななの母ちゃんさん

コメントありがとうございます♪

> ところで、ワームホールからでた人々はどうなってしまうのでしょうか?
> 無事だといいのですが。。

以前、質問したことがあるのですが、
無事ではないとポコプンが言っていたように思います。
でもまた再度質問してみますね!
2014.04.21 03:02 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/75-c7d0cec3
該当の記事は見つかりませんでした。