FC2ブログ

癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

ピラミッドのアクティベートと、隠ぺいされたストーンヘンジの事実

ところで、8月21日の皆既日食ですが、
ピラミッドのアクティベートされたんですか?

「はい。アクティベートされました」
と、ノンモさん。

(→記事『8月21日アメリカ大陸横断皆既日食でピラミッドがアクティベート!』をご参照ください)

ピラミッドがアクティベートされたことで、一体何が起きるんですか?

「人々が真実に気づき始めます。
あやふやな真実ではなく、事実である真実ですね。
例えば、世界遺産に登録されているイギリスのストーンヘンジは、
古代からあの形で立っていたのではなく、
実は1950年代に復元されているといった風な、
ちょっと調べれば出てくるけれど、隠ぺいされた事実に気づき出すそうです」

Stonehenge.jpg


これまでほとんどの人はその事実を知らずにきたが、2012年になり、あるロシアの情報サイトが暴露するかのように、1950年代に行われたストーンヘンジ復元作業の様子を詳細に捉えた写真108枚を公表し、衝撃を与えた。

 それらの写真を見ると、巨石が完全に取り除かれ、穴を掘り直し、再設置の際にコンクリートが流し込まれた様子がわかる。巨石が据え置かれていた地面は掘り返され、土はまとめて横に盛られているが、たとえば巨石の直下は砂利敷きだったのかなど、十分な土壌調査と詳細な記録を経て行われていたのか疑問は残る。


(msnニュース『ストーンヘンジの不都合な真実…「20世紀の完全な作り物」説、何度も大規模修復し隠蔽 』より抜粋)



「ストーンヘンジに限らず、
こういった物は、この世にたくさんあります」

他にも、
ナポレオンの仕業だと思われている、削られたスフィンクスの鼻は、
実は13世紀にイエメンのイスラム教原理主義者が、エジプトを遠征侵略したとき、
偶像崇拝を禁止しているイスラムの教えに反するものとして、削り落とした事実や、

アメリカ大陸を発見したと教科書に書かれているコロンブスの、
何百年も前からヨーロッパ人がアメリカ大陸に移住しており、
ネイティブアメリカンと仲良く暮らしていた事実など、

今まで信じ込んでいたけれど、事実は違ったということに、
人々が気づき始めるのだそうです。

「この世のほとんどは偽りですからね」
と、ノンモさん。

だったら、子供を学校に行かせても意味がないって、
思うんですけど・・・。

「歴史は、ほとんどが偽りです。
理科や科学も、目の前で科学反応を起こすものは真実ですが、
それ以外は偽りが多いですね。
けれど、国語や算数や外国語などは偽りではないですから。
偽りだらけの歴史も、学校では学べない真実を、
お子さんに教えてあげると良いと思いますよ」
と、ノンモさん。

もしかしたら、地球も球体ではなく、
平面なのかもしれませんからね(苦笑)

(→記事『再熱する地球平面説』をご参照ください)

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : 月と太陽
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。