癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

超正統派ユダヤ人が待ち望んでいるもの

過越祭の最終日、ノンモさんは仕事関係で出会った、
超正統派ユダヤ人(ハシディック)と、立ち話をしたそうです。

そしたらですね、

「ユダヤ人の待っている救世主は、
イエス・キリストのような人間の形をしたものではなく、
人間を救うエネルギーであり、人の考え方の突然の変化なんだ」

と、その方が言い出したそうなんです。

それは、トーラー(モーセ五書)に書かれているそうですが、
ユダヤ人にしか理解できないように書かれているらしく、
一般的には知られていないかもしれないけど、
ユダヤ人の間では常識だとの事。

それに驚いたノンモさんが、
IS(イス)について話してみたところ、

「それこそがユダヤの待つ救世主かも知れない!」

と、真剣に驚かれたそうです。

このユダヤ人の方は、日ユ同祖論の事はまったくご存じなかったそうで、
ノンモさんが、日本語とヘブライ語の類似点や、
イスラエルの幕屋と神社の類似点など伝えると、
(旧ブログ記事→『アセンションと日本人とイスラエル』をご参照ください)
それはそれは驚愕されていたそうです。

1975年に設立された、イスラエルの失われた10支族に関する調査機関アミシャブが、
現在も日本人のDNAを調査中だという事もご存じなかったそうで、
(もちろんアミシャブの存在はご存知ですが)

「12支族中の2支族は謎に包まれてるんだけど、
その内の1支族の顔がアジア人だったって事は、
ユダヤ人の間では有名な説なんだよ」
とも、おっしゃっていたそうで、

ノンモさんは、また後日改めて、
この方とじっくりISについて話すことになったのだそうです。

(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-.

わあああ~!凄い!
私も同席出来たらな~って願うところですが。

確か去年、ノンモさんはポコプンにハシディックの人とお友達になりなさいとか、
トーラー読みなさいとか言われてましたよね!?
(旧ブログ記事→『ハシディック派のユダヤ人』をご参照ください)

その時はなんのこっちゃ?でしたけど、
2014年からシリウスの時代が始まって、
そしてISが4月15日の過越祭に目覚めて、一週間後の最終日に、
超正統派ユダヤ人の方から、こんな濃い情報を頂けるなんて!

明らかに、ポコプンの仕業ですね。
ポコプンのやることが、どんどん神懸ってきてるぅぅぅ~。
(その分、口数減ってきてます。ISと天の本に関すること以外伝えないそうです)

そのポコプンが言うには、
「2014年から2015年に日本人のDNAから、
古代イスラエル人のDNAが発見されるかもよ~」

との事。

これ、本当だったら凄い事ですよね!?
ううう~!本当に面白くなってきましたよぉぉぉ~!

***ヾ(≧∇≦)ノ"***きゃあぁ ...

*****************
秘儀ヒーリングと座談会に、ご興味がある皆さまからの、
ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチも、よろしくお願いします↓

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/78-82c6fbf4
該当の記事は見つかりませんでした。