癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

もともと、この世には、 たった一つのセルしかいなかったのかも

人間は、人間の経験したことを、
セル(細胞)のレベルで覚えているとのこと。

先祖や現在の自分の経験が、セルで子供たちに伝わって、
さらにその子供たちが色んな経験をして、
知識、英知、経験を積み重ねて、また子孫に伝わっていくとのこと。

「もともと、この世には、
たった一つのセルしかいなかったのかもしれません」
と、ノンモさん。

そのたった一つのセルが経験したいと思い、分裂し、
分裂したセルに、人間としての経験を積ませることで、
情報がセルからセルへと伝わり、
情報が増えていき経験を積んだセルは賢くなっていく・・・。

Cell.jpg

「動植物には、当てはまりませんけど、
人間は細胞分裂したと言っても、ほぼ正しいですね」
と、ノンモさん。

人間が入ってくるまでは、
完璧な生態系を保った動植物の楽園だった地球。

そこに人間が入ってきたことで、
生体系は破壊されてしまったので、
もしかしたら人間とは、地球外生物のセルであって、
地球に侵入して、経験という細胞分裂をしている、
侵略者なのかもしれないですよね?

「セルが経験を増やした暁に、
もう人間の体はいらない、となるところに、
持って行こうと思っているんですよ」

誰が思っているんですか?

「神なのかアヌなのか分かりませんけど・・・。
でもようやく、ゲイと自殺がダメだと言われている理由が、
分かったかもしれません。
それは、セルの成長を止めることになって、
せっかく先祖代々、ここまで経験を積み上げたセルが、
もうこれ以上増えなくなるからだと思ったら納得できたんです」

ゲイじゃなくても独身で、子供を産んでいない私もそうですよね。
私やノンモさんのように、子孫にセルの経験を受け継がないのって、
やっぱりダメなことなんですか?

「う~ん、どうなんでしょうね。
もしかしたら自分たちのセルは、色んな経験をし尽して、
もう十分だと思っているからかもしれないですね。
だから、この人生がセルにとって、最後の経験なのかもしれませんね」

それは、解脱ということですか?

「いえ、セルは輪廻転生に関係しませんよ」

もともとは、たった一つのセルしかいなくて、
そのセルが経験したいと思って分裂した・・・なんて、
まるで、創造神がビッグバンを引き起こしたことのようですね。

「はい。なので、セルは神なのかもしれないと感じるんです。
そしてこのセルは、メス(♀)なのかもしれませんね。
なので、アダムが神(セル)の一部から生まれたということや、
処女のマリアからイエスが生まれたということも、
もしかしたら、セルのことを語り継いでいるのかもしれませんね」
と、ノンモさん。

このセル情報も事あるごとに、
ポコプンから何度も何度も伝えられていたのですが、
伝えたいポイントが見えてこなくて、
これまでブログには書いていませんでした。

ポコプンとしては、とりあえず、
こういう情報もあるってことを、頭の片隅に置いておいてね!
ってことなんだと思います。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。