FC2ブログ

癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

だから、今、君たちが、彼ら(宇宙人)にコンタクトを取らなければならない

前回の記事で、

「年明け早々にポコプンから、自動書記をさせられたんです。
で、そのすぐ後に、これを見ろ~!って言われて、
ドキュメンタリー映画『非認可(原題:Unacknowledged)』
を、見せられたんですけど、自動書記の内容そのままの映画で、
じゃあ、なんで自動書記をさせたんだよ~!!!
って思ってしまいましたよ」

と、ノンモさんが言っていた、
ポコプンに書かされたという自動書記の内容です。



スティーブン・グリア氏の言っていることは本当だよ。

本当に『エネルギー』なんて、地球の中にも外にも、そこら中にいっぱいあるんだ。

彼が言うように、

それこそ地球上の電気やガスや石油なんかもう一切必要なくなるし、

食べ物だって全人類が二度と困らないくらい、

そんな『エネルギー』を使えば幾らだって作ることができる。

たったコップ一杯のその『エネルギー』を使えば、

地球上の海を沸騰させるだけのパワーがあるんだよ。

そしたら世界中で餓死する人もいなくなるし、

地球の空気が汚れることだってない。


でもね、地球を牛耳っている強欲な者たちは、

地球人がそんなエネルギー発見し、使用することを決して許さない。


なぜって・・・?

だって、そんなことしたら「お金」というシステムを作った意味がなくなるでしょ?

彼らが永久に、絶えることなく湧いてくるお金で潤い続ける為には、

そんな自由で無料のエネルギーを、人間たちにアクセスさせるわけにはいかないんだよ。


電気を人々に売ることで、また、石油やガスを必要不可欠とさせることで、

どんなに巨額なお金を地球全体で動かせるか・・・


今までだって、本当は「水」で走ることが可能な車を発明した者もいたし、

電子力発電やソーラーパネルなどなくても、

いつでも自由に限りない電力を作り上げることに成功した者もいた。


だけど発明者たちは、ことごとくその詳細と共に抹消されてしまった。


支配者たちは、自分たちの欲のためなら手段など選ばないし、

人の命など何とも思っていない。


例えば、仮に、すぐそこに心優しい金持ちが立っていたとしよう。

支配者は何のためらいもなく、その金持ちの近くで罪もない子供を捕えて八つ裂きにし、

「こいつが子供を殺した!悪魔だ!悪魔だ!」と周りに訴え、

自らは正義のヒーローを装って、その心優しい金持ちの命と共に財産をも奪うだろう。


『9・11』のように・・・


そのようにして、テロの恐怖や偽りのメディアの情報に惑わされ、

人々は本当の天の声など聞こえなくなってしまっている。

真実が見えなくなってしまっている。

正しい判断など出来なくなってしまっている。


生まれた時から、マインドに刻み込まれた宗教の教えなども

人々と天との会話を妨げるための大きな役割を果たしている。


これは“神の言葉”だ・・・と言っては、

心に響くごもっともな教えや愛を説き、

ひとまず手を差し伸べるフリをしておきながら、

その合間、合間に

『おまえたちは、神に選ばれていないのだ』

と暗示して、

今度は逆に

『神に選ばれし者は、おまえたちに神の言葉を伝える私たちだけなのだ』

と信じ込ませる。


どうして・・・?

だって、宗教の教義上の正義を理由に戦争すればまたお金が稼げるでしょ?


宇宙人・・・?

ちゃんといるよ。

地球のテクノロジーなんて1000分の1にも及ばないくらいの技術を持ってね。


彼らが地球を滅ぼそうと思えば1秒もかからない。

でも、そんなことを彼らは考えていない。


今から2020年にかけて、きっと人類は

UFOや宇宙人を目の当たりにする機会が増えるかも知れない。

2020年以降、そんな宇宙人たちにアメリカ軍は攻撃をしかけるだろう。


もちろん人類が勝つんだよ。アメリカは全人類のヒーローだ!


でもね、本当はそれらは人間が造り上げたUFOであり、

人間の造り上げた偽りの宇宙人なんだから

勝つのは当たり前なんだよ。いわば「自演自作」さ。


そんなこと知らないメディアはお祭り騒ぎ!

そんなメディアにつられて、全世界中もアメリカを大絶賛!!


そんなこと、実際にはあり得ないのに・・・


さっきも言ったように、スーパーテクノロジーを持った宇宙人たちにとって

地球人の軍の技術など、水鉄砲も同然。

だって彼らは、無限とも言える宇宙のエネルギーを存分に使いこなせるんだから。


重力なんて関係ないし、光よりも早く空間を進む技術だって持っている。

あ、光より早く「飛ぶ」んじゃなくて、「進む」んだよ。 そこ、全然違うからね。


あとね、宇宙人というか地球外生命体の中には

地球人に良い影響を与えようとしている宇宙人と

悪い影響をもたらせている宇宙人がいる。


あ、断っておくけど、

悪い影響を及ぼしているからといって「悪者」とは限らない。

そして前者も後者も、地球を滅ぼそうなんて思っていない。


でも、後者はすでに地球上を牛耳る支配者たちとコンタクトを取り、

ある程度のテクノロジーを伝授してしまった。


なんていうんだろう・・・

宇宙人は、地球人ならではの「人を疑う」とか「人をだます」とか

そういった心があまり備わっていないんだ。


だから、自分たちのテクノロジーを教えることが

地球の平和や住み心地の良い未来への進歩に繋がると信じて、

地球の『代表』を名乗る者たちに伝えちゃったんだ。


なので地球人が核実験なんかを始めると

「おいおい、大丈夫かよ?」ってな感じでヒヤヒヤものだった。

よく核実験を行う地域にUFO出現が多いのは、そのためなんだって。


宇宙人たちは、

広島や長崎に原爆が落とされたのを見て、

自分たちのテクノロジーが、地球の進歩や平和のためでないことに気が付いた。


だから地球の『代表』に交渉をしようと努めた。

けれど一旦、核のテクノロジーを手に入れた地球を牛耳る『代表』たちは、

今度はそれを手放すまいと、交渉にくる宇宙人たちを

水鉄砲のような軍の技術で追い払うようになった。


今はまだいい。


でも、もしもこの先、このようなことがいつまでも続き、宇宙人たちが、

「地球人たちは皆、この『代表』と同じように堕落し切っている」

と思い、救いようがないと見切ったとき、


地球上のすべては1秒足らずで消し尽くされることになるだろう。


だから、今、君たちが彼ら(後者の宇宙人たち)にコンタクトを取らなければならない。

彼らの心にテレパシーで語りかけ、

どれだけ多くの人類が本当の平和を望んでいるのかを、

理解ってもらわなければならない。


その為に、君たちが真実を見抜ける目を持ち、

メディアや教科書の歴史に惑わされない心を持ち、

そして地球上での『悪』が本当は何(誰)なのかを、伝えなければならない。


彼らは今、地球のすこし外側で

まだ地球の様子をそっと覗っている。




記事のシェア拡散のご協力を、よろしくお願いします。




ドキュメンタリー映画『非認可(原題:Unacknowledged)』

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : 月と太陽
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。