癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

古代エジプトの記憶を持つ転生者オンム・セティと、バー(魂)と、カー(精神)の世界

今年アビドス神殿を訪れた私に、
クライアントさんが絶対に読んでほしい!と、
『転生者オンム・セティと古代エジプトの謎―3000年前の記憶をもった考古学者』
を、貸してくださいました。

あらすじ:1904年イギリス生まれのエジプト考古学者である、
ドロシー・イーディーは、アラブ語の『セティおばさん』という意味の、
オンム・セティというあだ名で呼ばれていた。
彼女は古代エジプト人だった3000年前の記憶を持っており、
前世は「ベントレシュト」という名の、アビドス神殿の女神官であり、
ふとしたことからセティ1世と許されない恋に落ちたという。
そして、現世に転生した彼女の元を、
あの世からセティ1世が、逢瀬を重ねに毎夜訪ねてくる。


オンム・セティ

(余談ですが、本の検索をしていて、販売価格を知り目が飛び出ました・・・

それで毎夜、セティ1世はオンム・セティに、
色んなことを教えてくれるんですが、
アメンティと呼ばれるあの世には、
セティ1世が在位していた当時のままのアビドス神殿が存在しているそうで、
アメンティは、地上と鏡像関係だから、
神殿は、朽ち果てていくこの世のために建てたのではなく、
永遠である、あの世のために建てたのだとのことなんですが、
これは本当ですか?

「まんざら間違っていないそうですよ。
この世で滅びたものも、あの世では完全体として残っているそうです。
この世で『欲しい』という感情が入って、買ったものはあの世に持って行けます。
欲しいと思って買ったもの全てです。
神殿やマイホームもそうですが、
例えば靴が好きで、何足も買い集める人や、
時計やジュエリーが好きな人、また車やバイクを買うのが大好きな人は、
その全てのコレクションをあの世に持っていけます。
ただし、お金は持って行けませんけどね」

それって、過去記事『あの世に物は持っていけます』
でも言っていましたよね。

ところで、セティ1世のいるアメンティという世界は、
死後に魂が向かう幽界のことですか?

「肉体が死んだら、魂と意識に分かれるそうです。
魂は幽界に向かいますが、
意識が向かうのはそのアメンティで・・・、
エゴの世界のようなものでもあるみたいですね」

それって、古代エジプト人たちの霊魂観の、
バー(魂)と、
カー(精神)
のようですね!

「欲しいと思って買ったものは、
意識(アメンティ)の世界には持っていけます。
この意識の世界というのが、どれだけ続くのかは分かりません。
90回転生していたら、90それぞれの意識の世界があるというよりも、
転生するたびに意識の世界は無くなるのかもしれません」
と、ノンモさん。

欲しいと思って買ったものを、
全部あの世に持っていけるなんていうのは、
強い煩悩だから良くないんじゃないの?と思ってしまいますが・・・。

「でも、自分が満足することでもあるので、
欲しいものを買うのは悪いことではないんですよ。
逆に欲しいと思っているのに、
貯蓄や物を減らす生活のために、我慢して買わないでいたり、
断捨離で、思い入れのあるものを処分してしまったりすると、
死後に意識は、不足感や寂しさを感じて、
満足できない状態になるんです」
と、ノンモさん。

「自分で作ったもの、書いたものもあの世に持って行けますよ。
思考が邪魔して買わなかったりする人が多いですが、
湧き上がる『欲しい』という気持ちは、意識の世界からきているものなんです。
ただし、欲しいと思って盗んだものは罪になります。
盗んだものも持っていけるんですが、
意識の世界で、とても深い罪悪感にかられるんです。
これは神ではなく、自分の意識が善悪を判断するためです」

ところで、本当にあの世からセティ1世は、
オンム・セティに会いに来ていたんでしょうか?

長くなるので、次回に続きます♪

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションも承っております。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。