癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

地球は宇宙人が作っているコロニーのひとつにすぎない

地球は宇宙人が作っているコロニーのひとつにすぎないそうです。
そしてこのコロニーはひとつだけでなく、いくつもあるとのこと。

地球


宇宙人は住めなくなった母星の代わりになる移住先を求めて、
実験的にいくつもの地球を作り、
そこに人間を住まわせ、宇宙人が快適に暮らせるようになる、
あるレベルまで文明を発達させているそうです。

いくつかある地球の中でも、この地球は文明の発達が遅れていたので、
宇宙人たちが2000年から、急速に文明を発達させ、
自分たちにとって、暮らしやすいレベルまでに到達したら、
地球上から人類を絶滅させて、
そこに宇宙人が移住して暮らしはじめるのだそうです。

「このコロニーですが、美味しいチーズを作るために、
生きてるバクテリアを植え付けて生活させて、
熟成されたらバクテリアを切り捨てて、
チーズを食べるというイメージです。

彼らは、ただおいしいチーズを食べたいだけであって、
その切り捨てるバクテリアの生活や思いなど、
どうでも良いと思っていますけど・・・、

「バクテリアにも命があるの!
一人ひとりに命があるの!」


とポコプンが怒っています(笑)」
と、ノンモさん。

ポコプン、かわいいですね~

文中の宇宙人とは、アヌンナキのことであり、
住めなくなった母星とは、同じ地球上の別次元に存在する、
二ビル星のことだそうです。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションも承っております。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : アヌンナキ
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。