癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

癒守結セッション2で、エゴの剥離が起こったYさんのご体験記(@日本 Yさん)

今年から、癒守結セッションをさせて頂くと、
その途中でインナーチャイルドが出てきて、
急きょインナーチャイルドの癒しセッションに切り替えとなる方が、
3人におひとりの割合でいらっしゃるんですが・・・、

(『インナーチャイルドの癒し』セッションについては、こちらをご覧下さい⇒☆)


「癒守結パート2後から、エゴの剥離がはじまります。
確かにセッション後にそれを経験される方には、
たまったものではないと思いますが、
しばらく経って落ち着くと、自分のエゴを客観視できるようになります。
それは心理面でもスピリチュアル面でも大きな成長となりますので、
出来れば皆さまには、どんどんエゴのあぶり出し(抵抗)期間を経験して頂きたいです。
まぁ、これは癒守結パート2を受けなくても、
結局は人生において、ジワジワ通らなくてはいけない道ですけどね!」


と、記事『癒守結パート2を受けると、エゴの剥離がはじまります』
で、ノンモさんが言っていたように、
癒守結セッションパート2をさせて頂いた方から、
地獄のエゴの剥離体験談を、受けるようになっていて、
セッションをさせて頂いている身でありながら、
一体何が起こってるんだろう?と、プチおののいています。

(((( ;゚д゚)))アワワワワ

今年の5月に日本で対面で、癒守結セッションパート2を受けてくださったYさんから、
以下のような経過報告のメールをいただきました。

Yさんには、ブログでのシェアにご快諾をいただいております。
Yさん、貴重なご体験談をありがとうございました。



日本では、癒守結セッションパート2を、ありがとうございました。

癒守結セッション2の『エゴの剥離』なのかな?と思う状態がかなり過酷で、
八多さんにアドバイス伺おうかとも思ったのですが、
龍の件で八多さんも大変そうだし~と、なんとか耐え抜きました。

そのプロセスで、いろいろ壮大に意外なことを感じたので、ご報告です。

癒守結セッション1の後から、
エゴ系の自己検証みたいなことが自動的に起こっていたのですが、
癒守結セッション2の後はそれがグレードアップ!

そして、
「いままでの価値観や喜怒哀楽って全部エゴの満足だったの!??」
という境地に。

その後、なんだか心身ともに虚脱感に満ちて、
「もうなにひと つ興味ないし、楽しいこともないかも・・・」
抑うつ感とはまた違うVoid(ボイド)という感覚です。

本来の神意識から分離され、エゴを植え付けられ、
「意識の低い地球人」と評され、の記憶も消されて目的もわからず、
そんな転生を何度も何度も繰り返して「を磨け」という無理ゲーみたいな宇宙。
そして「いったい宇宙はなんのためにあるの?」という壮大なクエスチョンが。
このあたりの感覚の時に、八多さんのブログ記事『ミッション・インコンプリーテッド』を読んで、
無理ゲー感が増幅(笑)。

そして、
の転生のジャーニーも何のためなのかわからなくなっちゃった!もうやりたくないよ!」
と思ったら、
『とてつもない虚無』としか呼べない境地に入ってしまいました。
生も死も喜怒哀楽もなにもない、グレート・ボイドという感じの虚無です。
自分だと思っていた枠組みが一切消失してしまうような。

そんな状態で「龍の温泉行く気力も意志もないや」と思っていたら、
おそらく内なる神様が「風呂は行こうよ~ね~温泉!」、
と言うので、期日ギリギリでシリウス温泉に行きました。

(龍の温泉については記事『フェイスブック ワクワク☆不思議旅「癒守の地球の歩き方」グループからのお知らせ色々』を、ご参照ください)

温泉に入った瞬間に『無の軽やかさ』みたいな身体感覚があって、
これまでの半生分くらいの深いため息が声とともに出て、浄化感が。

その時にいままで体験したことのない、
無限大の『慈悲?』みたいな感覚がちらっとあったのです。
それは粒子レベルの小さな核のようで、さりげなく、ただ存在感がただならなかったです。
でも、覚醒感とか歓喜とかそういうハイな感覚は一切なかったです。
「もうこれを絶対に忘れちゃだめ!」って思いました。

揺らいだりなくなったりしないその粒子の感覚って、
もしかしたらIS(イス)のめざす宇宙レベルの『』で、
わたしが観た『とてつもない虚無』と対になって実は一なるもの?

帰宅のバスの中でうとうとした時、
地球と宇宙の生態系』、
『Earth Being』、
『Home』
という言葉が飛び交いました。

癒守結セッション2の中で受けた『コンタクト』
というメッセージに号泣しそうだったのですが、
「いったいほんとうにコンタクトしたいのはどんな存在?」という問いが、
エゴ剥離週間中に続いていたのですが、それは『』でした。

記憶レベルを超えたわたしのインナーチャイルドの悲しさは、
地球にやってきた途端に
とわかれてしまったこと、に忘れられたこと』。

そして、魂こそが幼少時から漠然と「帰りたいな。。」と感じていた、
『Home』であり『みんな』につながるゲートだったようです。

まだプロセス渦中という感じですが、いまの時点でこんな感じです。



『とてつもない虚無』とは、
以前のブログの記事『エゴを黙らせるには』
でお伝えしたように、エゴが疲れて黙ってしまったのでしょうし、
2015年に体験した、プチ悟りの『LOST』を思い出しました。
(→記事『悟りのしっぽ』をご参照ください)

そして、幼少時から漠然と「帰りたいな。。」と感じられていた、
魂とは、「自分の魂が分かれる前の1つの魂=創造主」
ということなのかもしれないなぁと思いました。

Yさん、素晴らしいご体験記をありがとうございました。



1点質問があるのですが、癒守結セッション2の後から身体に振動感が起こるようになりました。体幹のいろいろな部位から始まって、いまは特に頭頂部で、振動しているのか共振しているのか定かではない感覚です。始めのうちかなり強力でビビったのですが、慣れてしまいました。眠りから覚醒する時によく感じます。セッションの体脱体験と関係があるのかな?と思ったのですが。

『魂は星、星もまた魂』、
『もうわたしが魂そのものであることを疑わないで』、
地球と宇宙の生態系の一員であることを思い出す:Emergency!!』

とか、朝目覚めた朦朧とした振動感の中で閃いたりしてます。このように言葉化できたものと、なにかイメージ以前の情報のかたまり?みたいな形状でやってきて、な んだか分からないモノも多いです、脳がついていかないw




と、Yさんからは、今までにないご質問もいただいていて、
近日、ポコプンに質問してみたいと思っています。

こういった体験記を読まれた方は、
『癒守結セッションって、怖そう・・・』
って思われるかもしれませんが、

ぜんぜん怖い内容のセッションではありませんし、
ノンモさんの言うように、
癒守結パート2を受けなくても、

十数年かけて、エゴを剥離していくか、
または、Yさんのように、
1か月ほどでエゴの剥離に至る短期集中型かのどちらかで、
結局は人生において、誰もが通らなくてはいけない道なんですよね。

     ********

癒守結セッションのご予約可能日や、セッションの詳細については、
ホームページをご覧下さい。

癒守結 ホームページ
http://isyui.weebly.com/


みなさまのご予約をお待ち申し上げております\(^o^)/

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




該当の記事は見つかりませんでした。